2017年11月19日 (日)

今日の1枚

目が開いていても 寝ているのです

Cimg1552

これ見てるだけで、心の刺が取れます

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2017年11月 7日 (火)

秋深し

Cimg1541

真っ赤に色付いたREN'S GARDENのヤマモモ

秋ですねmaple

天日干しにはいい季節です

Cimg1540

いい塩梅に温まっていますsun

Cimg1539

dog「おかーたんsign01恥ずかちいではないでちゅかsign03やめてくだちゃいsign01

かわいく抗議中の・・・えっと・・レイア

レンの時からずっとやりたかったこと、やっと実現です

こちら

Cimg1544

目に留まるとつい買ってしまうレイロイの洋服t-shirt

ワンコの洋服コーナーまで作ってしまったのです

レンの洋服も掛けようと思いますheart01

ウ~~ン、3匹分だともっとスペース広げなあかんかぁthink

幸せな思案ですね










| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2017年10月28日 (土)

寝相

Cimg1492

これとか

Cimg1484

これは 暑い季節

で、

Cimg1538

これと

Cimg1522

これは

これからの季節

ワンコの寝相で  季節がわかります

皆さま、体調管理に気をつけましょう









| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2017年10月19日 (木)

一年

レンがお星さまになって今日で一年

会えなくなって一年

なでられなくなって一年

一緒にお散歩できなくなって一年

この一年間私たちの生活からレンが薄れることはありませんでした

家じゅうレンの写真でいっぱい

携帯の待ち受けもレン

毎朝、ゆうがた、寝る前には必ずレンに話しかけてるし、お花も欠かさず、お水も毎朝変えて、ただいまと行ってきますは写真のレンをなでて。

そんな生活を一年間欠かすことなく続けてきました。

思い出しては涙を流し、思い出話に花を咲かせ・・・

でも、これはこれでいいと思っています

レンはいつまでもうちのコだし

Cimg0949

P1070663

Cimg0295

Photo


121_2190


P1070395


Cimg0239


毎月19日の月命日にレンを呼んでたけど、そろそろお空の上でゆっくり遊ばせてあげたいから、これからは不定期に帰って来るレンに登場してもらうことにします。

レンが旅立ってからの一年間、私たちの大切な大切な人とのいくつかのお別れがありました

信じられない別れ、受け入れられない別れ、埋められない心の穴

本当に辛い一年でした

それでも前を向いてしっかり歩いて行くためにも、ここにいるレイアとロイヒをもっと愛していくためにも、決まった日にレンを呼ぶのはやめます

時々帰って来ればわかるから

レン、いつまでもいつまでもずっと愛してるよ

ずっとずーっと大好きだよ

お空の上から見守っていてね

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

2017年9月19日 (火)

レンの日

もう11回目なんだ

レンの日

先日、新聞でこんな記事見つけたよ

Cimg1499

淡路島ではサルビアが真っ赤に丘を染めているって

思い出すなぁ

レンと行ったあの丘

真っ赤なサルビアの前でとびきりの笑顔でポーズを決めていたね

030

ブログにも何回も使っているこの画像

大好きなレンの笑顔

サルビアを見ると思い出すよ

034

042

040

Photo

楽しかった  素敵な  大切なレン家の思い出

もう来月は1周忌・・・早いなぁ

やっぱり会いたいよ

夢でいいから会いに来てよ

愛してるよ





| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2017年8月27日 (日)

ロイヒのこの頃

dog「何だ  何だsign02

ロイが覗き込んでいるのは、甥っ子お手製の『ハンドスピナー』

よく回るんです これが

Cimg1494

興味津々で鼻を近づけすぎて  ちょっと当たったらしいのhappy02

びっくりして一目散にテーブルの下に避難dash

落ち着きに欠けるロイは、先月末から幼稚園に通ってるんですよhappy01

たくさんのお友だちと遊んだり触れ合ったりして過ごします

連絡帳には、先生がその日の様子を書いてくれます

その間、レイアはお留守番house

おとーたんとおかーたんを独り占めですheart04

でも、い~っつも一緒のロイがいないと とても静か

絶対に吠えるシチュエーションでも動かないし・・・

多頭飼いってこういうことなんですねぇ

相乗効果っていうんですかthink

で、たっぷり動き回っておつかれのロイは

Cimg1485

あ、間違えた

Cimg1484

行き倒れ状態coldsweats01

もう少ししたら涼しくなって、夕方のお散歩にも行けるようになるだろうから、また散トレ再開ですね

レイアとロイヒ、保護犬たちの奮闘はまだまだ続きます

ロイヒsign01まずキミから頑張ろうねrockhappy01





| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2017年8月19日 (土)

初盆

10回目のレンの日は 初盆です

レイロイがやたら空に向かってクンクンしてたから、きっとレンが帰って来てたのだと思います

何か感じるものがあったんでしょうねぇ

レンのお骨の周りは、買った花ではなく、好きだった庭に咲いた小さな花でささやかに飾りました

Cimg1490

バラの花は刺を全部除いてconfident  (チクチク痛かった!)

もうそんなにしょっちゅうは帰って来てないんだろうけど、最近はレイロイのいつもと違う動きで私も感じるようになって来ました

「あ、レン、おかえり」

10ヶ月かぁ・・・

Cimg1482

「おかーたん、レン兄ちゃんが帰って来てるよ」

って教えてくれるんだね~


| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2017年8月12日 (土)

隅っこ族

残暑お見舞い申し上げますconfident

しかし暑いですsweat01

たまりませんsweat01sweat01

レン家のこの方たち、このクソ(訳:とても)暑い時にこんな所で

Cimg1475

Cimg1407

Cimg1474

暑ないんかいなsign02 (訳:暑くないのかな)

果てはこの格好

Cimg1477

パッカ~ン

あんた、女の子でっしゃろ (訳:あなた、女の子でしょ)

わざわざ風通しの悪い隅っこに入り込んで・・・

難儀やな、見てる方がかなんわ(訳:困ったわ、見ている方がいやですわ)

※注  飼い主がコッテコテの河内弁ですので素が出るとこうなりますcoldsweats01要するに心にゆとりがない状態です、暑すぎて。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2017年7月28日 (金)

保護犬のこと②

レイアとロイヒを迎える前、実はコーギーの里親に名乗りを挙げていた

保護犬カフェを運営する団体に保護されていたコーギーで、8歳の女の子だった

繁殖犬として何匹もの仔犬を産まされてきた引退犬

おとなしい性格、まったりとした動きに気持ちはずいぶん傾いた

トレーナーさんにもお願いして、面談してもらった

「う~~~~ん」

という反応

なぜ?かな?

「大体の場合、去勢避妊の手術をしてから里子に出すんですけどね。」と。

確かに、何で未去勢で里子に出すのかをスタッフに問うた時、きちんとした回答がなかったよな

それともうひとつ、そこはカフェに出向くだけで連れて帰ることができたこと

厳しい里親基準を設けているところももちろんあったし、いくつかのアンケートに答えるだけでいいところもあった

もう少し勉強してからにしよう、と思って、コーギーの里親は諦めた

それともう一つ

「コーギーはやめとき。レン君が薄れてしまうやん」

っていうワン友の一言

確かにそうだな~

この一言で、犬種からコーギーを外した

レイアとロイヒに目が留まったのはクリスマス直前

「できれば二匹一緒に引き取ってほしい。飼育環境を見せてほしい。譲渡の際は家族全員で迎えてほしい。定期的に報告の義務。」等など結構厳しいいくつかの条件があったが、それくらいしっかりと先のことまで考えて譲渡しているなら

早速連絡を取ると、トントンと話が進み、クリスマスを一緒に過ごすことになった

誓約書にサイン、保管保健所への報告書提出、去勢避妊の手術代、マイクロチップ装着代、ワクチン接種代を交わしレイアとロイヒはうちのコ(仮)になった

ゆっくりと時間をかけて二週間過ぎた頃、保護主さんから

「正式にレン家のコになりましたね」

と連絡をいただいた

Cimg1118

帰って行く保護主さんを追うレイアとロイヒ

Cimg1127

Cimg1126

常に寄りそうことで 不安を乗り越えていったんだと思う

「大丈夫、もうずっとここにいていいよ」

いろいろな保護団体があるけど、自分たちの条件に一番近いところを選んで縁のあるコと巡り合えてよかった

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2017年7月26日 (水)

保護犬のこと①

10年前、犬を飼おうと思ってペットショップへ行った

他に方法を知らなかった

探した犬種はコーギー

高いお金を払って命を、何のためらいもなく「買った」

レンと名付けたその犬はとてもかわいかったが、やがて飼い主を噛むようになってしまった

いや、噛む犬にしてしまった

Ren_012

かみかみワンコの繋がり、獣医師さん、ドッグトレーナー等など、あらゆる方面の助けを借りながら9年半、私たちはレンと暮らした

何度も病院に駆け込むほど噛ませてしまったが、大切な家族の一員になっていた

そのレンを病気で亡くし、私たちは幾日も涙を流した

これからどうする?

レンが残したたくさんの思い出、教えてくれたこと、共に過ごした素晴らしい時間

恩返しというのかどうか・・・

無駄に殺されていく命を1匹でも救えないものか

そう考えて『保護犬』を迎えることにした

保護団体が運営するカフェに足を運んだり、保護活動をしている個人や団体のHPを片っ端から見たりして探した

自分たちの生活パターンと合うだろうか、相性はどうだろうか、犬種は、特徴はどうだろうか

自分たちの年齢を考えるとパピーは無理か

ある程度年齢のいったコがいいのか

多頭飼いはどうだろう

「やっぱりやめます」ができないから、慎重に慎重に探した

そして、縁あって我が家に迎えることになったミニチュアダックスの2匹

Cimg1134


Cimg1132

レイアとロイヒと名付けた

双子4歳くらい

「ここがボクたちの新しいおうち?この人たちが新しい家族?」

きっと不安でしかたなかったと思う

どんな事情があったのか知らないが、前の飼い主に放棄された2匹

「絶対にこのコたちは幸せにする」  心に誓う

とは言うものの、既に成犬

いろいろな課題を抱えている

どこでもトイレにしてしまう、食糞もある、コマンドは全く入っていない(即ち抑制が効かない)、散歩もできない

これらの課題を一つひとつクリアして行く覚悟が要った

保護犬の里親になるとはこういうことなんだ

半年以上が経った最近、レイアとロイヒにようやく笑顔が見られるようになった

Cimg1313

表情が緩んで、歯を見せるようになった

「オスワリ」「待って」「テテ」も上手になってきた

トイレもほとんど失敗しなくなった

課題はまだまだあるけど、焦らず向き合っていくつもり

今日も保護主さんは保健所へ、警察へ、そして、里親さんの元へと命をつなぐために奔走されている

1匹里子に出すと、また1匹救い出すことができる

私たちができることは、「保護犬」の存在を一人でもたくさんの人に知ってもらうこと

迎えた命を最期まで責任持って預かること

Cimg0210

レン・レイア・ロイヒ   我が家の大切な家族

大切な命

うちに来てくれてありがとう

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

«レンの日