« 再びスクールへ | トップページ | ドッグスクールのこと »

2008年1月13日 (日)

一筋の光

今日は、ドッグスクールの新年会(と言っても、中身はワンちゃんと飼い主が一緒にゲームをする)でした。  レンはママと参加しました。

小さなマットの上に、合図で「フセ」をしたり、リードを紙テープに変えて「ヨーイドン!」フラフープに「オスワリ」してから、三角コーンを回ってゴールに戻ります。            紙テープですから、ワンちゃんが勝手に走り出すと 当然テープは切れてしまいます。どれもレンとママにとっては難しいゲームでしたが、ママはレンと一緒にいることがとても楽しかった、そんなひと時でした。

ゲームの後は、そのままドッグランに移行し、しばらくの間レンも元気に走っていたのですが、どうも今日はウマが合わないワンちゃん(犬のウマってヘンですが)がいて、レンがとても攻撃的だったので、ランの外へ出ることにしました。         せっかくなので、少しだけ歩く練習や、左に付けて止まる練習をし、続きで思い切ってレンを足の上に仰向けに乗せて、お腹や足をなでました。      「できる!」と自分に言い聞かせてやったのがよかったのか、「マテよ~!」と言うと、おとなしくしていました。   後でトレーナーさんがタッチングをしてくださったのですが、レンは安心しきって身を任せていました。    こんなに信頼してるんだ~と感心、ママもレンに信頼される飼い主に『なるぞ!!』と強く思いました。 でも今日はレンを仰向けにしてのタッチングらしきことができたので、とてもとても嬉しかったです。  スクールに行く前は、おちおち触れることもできなかったのですから、何となく小さな一筋の光が、遠~くの方にみえかけたような気がしました。

003

    大好きなトレーナーさんと。 レンの安心しきった眼差し・・・    

|
|

« 再びスクールへ | トップページ | ドッグスクールのこと »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516861/9864298

この記事へのトラックバック一覧です: 一筋の光:

« 再びスクールへ | トップページ | ドッグスクールのこと »