« 一筋の光 | トップページ | 血便 »

2008年1月13日 (日)

ドッグスクールのこと

出会い・・・レンがお世話になっているドッグスクールとの出会いは、レンが4ヶ月の頃。 犬のしつけ方がわからなかったので、プロの力をお借りしようと 出張トレーニングを受けていました。そのトレーナーさんが、「パピーパーティに参加してみるのも仔犬の社会化にはいいですよ」と 教えてくださり、知り合いの方の情報を頼りに、とにかく一度スクールの見学に行くことにしたのがきっかけです。

見学・・・100坪以上の広さを持つドッグランが併設されたスクールは、奈良市内の大通りから一筋奥に入ったところにありました。     私たちが見学に行った時、ちょうどコーギーが預かり訓練を終えて、おうちに帰るところでした。    フェンスの外から見ていた私たちに、スタッフの方が気づいて、声をかけてくださいました。     訓練を終えたスクールオーナーの先生も「いつでもどうぞ」と、とても気さくに話かけてくださったので、とりあえずカウンセリングを受けることにしました。

預かりトレーニング・・・カウンセリングで、レンの事を詳しくお話させてもらいました。   その時に不思議に思ったのが、たくさんのワンちゃんがいるのに、犬の匂いが全然しない事でした。   施設の中は とても清潔に保たれていて、「ここなら安心してレンを預けられる」と思い、2週間の訓練を受けることにしました。

成果・・・無駄吠えが気になりかけていたところの預かりでしたが、2週間の訓練を終えたレンは、見事に落ち着き、無駄吠えもなくなっていました。    2週間空けて、更に2週間の訓練を受け、帰ってきた時は、いくつかのコマンドが身に着いていました。また、他のワンちゃんと一緒に遊ぶこともできるようになりました。

矯正・・・ところが、私たちの接し方が悪かったために、レンを唸って噛むコーギーに変身させてしまいました。   何とか自分たちで、と思いましたが、レンに触れる事さえ難しくなってきたので、すがる思いで矯正をお願いしました。  レンは虚勢手術を受け、麻酔の醒めきらないレンを、病院からそのままスクールに連れていきました。  特に当たりのきつかったパパとは約1ヶ月間の面会謝絶。時間的空間を設けることになり、私がひとりで訓練に通い、同時に、パパのレンへの意識改革にも取り組みました。

同時訓練・・・レンとパパが一緒に訓練を受けるようになったのは、レンがスクールに入って1ヶ月少し前でした。 さすがプロです。飼い主の目の前でレンのリードをきつく引き、それこそ「キャン!!」と言い、おしっこもちびるほど叱ります。   私たちは「なるほどあれくらい厳しく接しないとだめなんだ」と、身につまされる思いでした。ただ、かわいがるだけの接し方だけだったかもしれませんから。それが、レンに過大なストレスを与えていたとはつゆも知らずに・・・。  飼い主の前で、遠慮せずに訓練をしてくださるトレーナーの方々に対して、本当に私たちとレンの幸せを願ってくださってるんだという信頼感が持てたのは言うまでもありません。  レンだけでなく、人間も同時に訓練が受けられました。  そして、レンの為に、どうすればいいのか、何が大事なのかを、繰り返し繰り返し教えて下さいました。

最近の様子・・・レンがここのスクールを大好きな事は言うまでもありませんが、それは何よりトレーナーさんを信頼しきっているからです。レンにとって頼れるリーダーがそこにいらっしゃるからです。スクールにいる時のレンの表情はとても穏やかです。   私たちもレンにとって、頼れる飼い主になるよう、頑張っています。  触れる事さえままならなかったレンが、タッチングまでさせてくれるようになり、嬉しさでいっぱいです。    いつもトレーナーさんが私たちに仰る言葉です。  

「本当に信頼関係を築かなければならないのは、飼い主さんとレンです。ここ(スクール)で、僕とじゃなくてね。だから、一緒に頑張りましょうよ。」

こんな素敵な言葉をくださるトレーナーさんが、このスクールにはたくさんいらっしゃるのです。

|
|

« 一筋の光 | トップページ | 血便 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

KSのトリマーをしているSというものです(^^)
今日、レンちゃんとボール投げをして沢山遊びました☆

歩くとお尻がプリプリ動いて見ていると愛おしくてしかたありません


KSで新聞を書くのですが第一号にレンちゃんのイラストと紹介文を書かせていただきたいのですがよろしいでしょうか?

投稿: ゆり | 2008年1月17日 (木) 00時35分

新聞の出来上がりを楽しみにしています!

投稿: | 2008年1月17日 (木) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516861/9865735

この記事へのトラックバック一覧です: ドッグスクールのこと:

« 一筋の光 | トップページ | 血便 »