« 吠える! | トップページ | 雪遊び »

2008年2月 3日 (日)

個人レッスン

関西のあちらこちらで積雪がみられた今日は、レンの個人レッスンの日でした。  スクールに一歩入ると、かわいいミニチュアダックスちゃんがお出迎えしてくれました。  横では、パピーたちが「マテ」のトレーニング中。  ちっちゃなワンちゃんたちが、毛布の上にちゃんと「フセ」していました。  仔犬の時からきちんとしつけておくと、人間のコマンドがスムーズに入り、いい犬生が送れるのでしょうね。  もちろん、成犬になってからでも、ここのドッグスクールでトレーニングを受ければ、いいコになります。  「困ったちゃん」もどんどんいいコになっています。  レンもそんな一匹ですから。  

さて、本日のメニューは・・・「ハウス」の練習です。  ママは車の中やうちででも、何度もレンをケージやクレートに入れてるのですが、パパはそう言えば・・・だったので、今日は集中的に練習しました。  トレーナーさんに、コマンドの出し方を教えてもらい、その通りにやってみます。  入りはするものの、回れ右してすぐに出て来てしまうので、入ったらすぐ「マテ」「フセ」「マテ」と言ってあげると、落ち着いて中にいてられました。

ここでも、コマンドの大切さを知りました。  レンは、パパのコマンドを待っていました。トレーナーさんに言われたのは、「レンに考える間を与えない」「惑わせない」という事でした。  パッとコマンドが出た時のレンの表情は 確かに穏やかです。  「ぼくはこの後どうすればいいの?」がありません。  「そうか、パパの言うとおりにしていればいいんだ」にしてあげればいいんですね。  これが、信頼関係につながるのでしょう。

ケージの中でフードを食べ、器を下げる練習もしましたが、特にケージの中から下げようと思わなくても、一旦外に出してあげて、その間に下げてもいいとのことでした。  私たちも、わざわざレンが唸るような事はしたくないので、ケージから下げる事はやめようと話していました。  

今週末に今度は一週間の一時帰宅をします。  一週間はあくまでも目安。  ひょっとしたら、もっと長くいられるかもしれません。  

今、パパと話し合っている事は、①レンにかまいすぎないようにしよう。  ②レンに緊張の場面を与えないようにしよう。  ③レンが唸らない環境を意識しよう。  という事です。  ポワ~ンといられるように・・と思っています。

本日トレーニングの仕上げは、タッチングでした。  前回のレンとは少し違った顔つきだったようです。  帰る頃には、ママにお腹をみせて、なでなでをさせてくれました。003

               「おいで」のコマンドまで、じっとこの姿勢

011   

                        とろ~ん

               

|
|

« 吠える! | トップページ | 雪遊び »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516861/10231883

この記事へのトラックバック一覧です: 個人レッスン:

« 吠える! | トップページ | 雪遊び »