« 雪のお散歩 | トップページ | 唸る! »

2008年2月11日 (月)

一喜一憂

レンの滞在3日目。  朝のお散歩は、キリッと冷たい空気の中、だ~れもいない広場まで歩き、ロングリードにつけかえてボール遊びをしました。  思い切り走るレン。  それを見守るパパ。  いい風景でした。

家に帰って、今日はパパが朝ごはんをあげました。  食べ終わってレンをハウスに誘導しようとするとここでも「ウウウ~~~!!」と唸り声。  ママは「いかん!」ととっさに「レン、ハウス」と言ったので、素直にスッとサークルに入りました。  後でパパに「もうちょっと待って欲しかった。僕、『ハウス』って言おうと思ってたとこ」と言われ、先取りを大いに反省しました。

買い物に行く時も、あれこれ考えて二人とも寡黙に・・・  思い切って、スクールに電話してみました。そしたら・・・

「(パパとレンの)地位争いでしょう。今より弱くならないようにしましょう。唸らないといけない環境を作らないようにしましょう。」というような事を言われました。  パパにそのことを伝え、頑張る決意を新たに(たいそう~)したのです。

夕方のお散歩では、遊歩道の途中にあるベンチで一休み。  しばしパパとママとレンとでリラックスのひととき。  この時、レンがパパにお腹をみせて服従姿勢。  もう、嬉しくて嬉しくて・・・パパの顔も夕日に輝いて?見えました。  至福のひと時でした。  帰ってから、チョークチェーンを外すのも、パパ一人で成功!

パパ、ママは、少しの事で落ち込んだり喜んだり、一喜一憂しながら、毎日を送るんだろうな~と、パパとレンの後姿を見ながら思いました。   (そうそう、夕ごはんはパパが担当。 微妙なところで唸られずに済みました)  明日もボチボチ・・・3_006

                     パパを見上げるレン 3_014

                 ママの足の間が安心?

|
|

« 雪のお散歩 | トップページ | 唸る! »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516861/10431683

この記事へのトラックバック一覧です: 一喜一憂:

« 雪のお散歩 | トップページ | 唸る! »