« 一歩 | トップページ | 獣度 »

2009年10月17日 (土)

犬に対する責任

去る11日、幼い女の子が大型犬に噛まれて亡くなるという、痛ましい事故がありました。

大型犬ではないにせよ、犬の飼い主として他人事では済まされません。

噛んだ犬のうち1匹は、秋田犬だったとのこと。  昔は闘犬として飼われていた歴史を持つそうです。  ある県では、『秋田犬』であるというだけで、入店をことわられることもある、とも・・・

秋田犬のみならず、犬は全て獣。  そして私たちが飼っている家庭犬でも、本気で噛めば 人間の手の骨くらい砕いてしまうだけの強靭な顎を持ち合わせているということをわすれてはならないと思います。

レンの通うスクールに、大和君と飛鳥丸君という秋田犬の男の子がいます。彼らは動物保護センターから今の飼い主さんの所にやってきました。 穏やかな大人しい、人懐っこい いいコたちです。

でも、彼らの飼い主さんは、どんなに大人しい犬であっても秋田犬が大型犬であることを常に念頭に置いていらっしゃいます。

今回の咬傷事件について、とても心を痛めておられるのだと ブログを読ませていただいて、私は感じました。

一人でも多くの、犬の飼い主さんに大型犬(秋田犬)とその飼い主さんの気持ちを知っていただきたく、お時間が許す方に、「大和&飛鳥丸」君のブログを見ていただきたいと思うのです。

同時に、すべての犬の飼い主が自分の犬に対する責任を もう一度考えなおさないといけないなと思います。

119_19181

昨年のイベントでの大和君  秋田犬の紳士を感じさせる風格です

|
|

« 一歩 | トップページ | 獣度 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
夕べ右手首をガッツリやられたチャーチャです(T.T)
今回は病院行きになりました(^◇^;)

私の友人も秋田犬の女の子と暮らしています。そしてその仔のお姉ちゃんはアラスカンマラミュート、体重60kgの大型犬。
この仔達もとても穏やかでフレンドリーですが、友人は他人他犬との接触にはとても気を配っています。
どんなに穏やかな仔でもレンままさんが仰るように“獣”
決して忘れてはいけない事だと思います。

我が家のチャチャは・・・何時でも獣に豹変します^^

投稿: チャーチャ | 2009年10月18日 (日) 15時57分

チャーチャさん、大丈夫ですか?
病院に行かれたとのこと、傷が深かったのでしょうか。
お大事になさってくださいね。
カミカミワンコオーナーズは噛まれた痛み、噛ませた痛みがよくわかります。
早く傷が癒えますように。
チャチャ君は大丈夫ですか?

アラスカンマラミュートですか・・・います、レンのスクールにも。
やはりとても大人しいコです。
ハスキーよりまだ大きいですもんね。

ワンコにはワンコの本能があり、なかなか人間には予想できない部分がたくさんありますね。
レンも、他人にはとてもフレンドリーです。
でも、必ず言います。
「噛みます。触らないでください」
正直つらいです。
いろんな人になでられて、かわいがってもらいたいけど。
仕方ないですね。
事故の起きる前に阻止する『責任』が私たちにはありますものね。


投稿: レンママ | 2009年10月18日 (日) 17時47分

ニュースで見ました。
同じ日本犬飼いとして、胸を痛めています。
テレビや映画で犬をモデルに放映されるたびに、多くの人が「犬は忠実でフレンドリー、人間にとってもっとも都合のよい動物」のように誤解を与えてしまっているように思います。
だって、モデルの犬たちは人間の「犬とはこうあってほしい」と要望に合うように作られているのですもの!
そして、一度失敗すれば「命」で対価を求められる。
私達は、犬を知るものとして「命の責任」と「人と共生することを教える責任」があるのでしょうね。

投稿: ひなママ | 2009年10月18日 (日) 19時54分

ひなママ、そうですよね。
モデル犬はどのコもとってもいいコばかり。
きっと生まれた時からそのように「よい子」に訓練されてきたのでしょう。
でも、大方のワンコはそうではないということは、ほとんど知られていません。
そして、レンみたくカミカミワンコは
「しつけが悪い」だの
「主従関係ができてない」だの
「なめられてる」だのとご意見いただき、非常にムカッパラ立てたりすることがあるんですよね。
「違うわいannoyうちのコは素直なワンコなんじゃいsign01犬らしい犬なんじゃわいsign03」と言えないけど思っています。
だからこそ、その一度の失敗はすまいと、神経を尖らせています。
でも、うちでは
「レ~ンheart04大好きよ~ん」
なんですけどね。


投稿: レンママ | 2009年10月18日 (日) 20時34分

我が家も同じ日本犬の飼い主として心が痛みます。
ついこの間まで、ガウガウ言う事がなかった
静夏が、ガウガウいうようになり、
あ^^^静夏もイヌ=獣なんだ。
と感じるようになりましたね。

こういう事件を時々ニュースで見ますが、人が手を出したり、触ろうとしたりして、犬がビックリして攻撃した場合でも結果的に人間が怪我をすれば、犬が悪くなるのです。
守る事ができるのは飼い主だけなのですよね。

投稿: ryuga | 2009年10月19日 (月) 22時21分

あらま、静香ちゃんがsign02
いすに座ってコックリコックリ居眠りするあの静香ちゃんがですか?
やはり私たちのかわいい大切なワンコたちも、例外なく獣なんですね。
レンも毎朝獣化して吠えまくってパパに
「行くなsign03」と命令しています。
最近はパパも負けずに
「ツケsign03」と言って、必ず脚側定座させています。
少しずつでもレンが吠えても仕方ない、とわかってくれればと思います。

外に出れば、誰かがなでようと来ることがありますが、絶対触れないでもらっています。
何かが起きてからでは遅いですから。
相手にも、レンにも酷な現実が待っています。
ryugaさんがおっしゃる通り、守ることができるのは飼い主だけですものね。

投稿: レンママ | 2009年10月20日 (火) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516861/31824912

この記事へのトラックバック一覧です: 犬に対する責任:

« 一歩 | トップページ | 獣度 »