« 96の感謝 | トップページ | 帰りましたっ! »

2010年10月 4日 (月)

レッスン

レンがトレーニングを頑張っているのに、飼い主がのほほ~んとしているのはあまりと言えばあまりなコトthink

今回はしっかり&ガッツリ、トレーナーとの個人レッスン

ハンドラーはパパ

まずは マズルコントロールとタッチングから

102_0101

「立ってマテ」をしながら、マズルを固定 そして全身をなでる

102_0141

後ろ脚に触れて

102_0151

前脚にも触れる・・・軽~く、そっとね

レンは・・・

102_0161

こんな感じで目で訴える

confident「まだだよ~ もう少し頑張ろうねup

次は

102_0181

ホールドスチール

後ろからしっかり固定してマズルを右に左に上下に

続いて

102_0221

ハンドリング

お互いがリラックスしながらどこを触っても大丈夫なように

しかし、うちではこれはできないwobbly 絶対に噛むimpact

強く「噛んでみろsign03」と言ったら、レンは必ず噛むsad 

忠実なコsweat02ではない

正直にトレーナーさんに吐露

「これ、できなくてもいいんじゃないかな・・・これして噛ませるよりも、しないで噛ませない方がよくない?第一、怖いweep

するとトレーナーさん

「家ではしなくてもいいです。ここで、まずここで(スクール)で、怖がらずに自信持って触れるようになりましょう。それができるようになったら飼い主に自信がつきますから、家でさわるのはそれから。まずここで!頑張りましょう。必ずできるようになります。ただし、気持ちがないとダメですけど」

いつもここで壁にぶつかるわたしたち

ふとレンをみると

102_0051

こんな笑顔であちこちに愛想振り撒いて、かわいい奴heart02

やっぱりなでなでしたいっsign01

なんてことを一人でぶつくさ考えながら レッスンの締め

102_0191

ノーリードでリーダーウォーク

ヘタレで超びびりで、線の細いレンは今回の帰宅でもう一度距離を置くことになった

トイレと散歩とごはん以外は出来るだけかまわない

近くに置いておいてもいいから、「マット」なり「フセ」をキープ

人は人の都合で生活し、レンを自由にさせない

人に動かされることで犬(特にレン)は安定する

この意識をしっかり持って頑張る

これから10年以上も続くレンとの後の生活のために、今、頑張りましょうrock

そうそう、レンが帰って来るにあたってconfident

廊下の保護のために、カーペットを敷き詰めることにwink

これからその作業にかかりま~すpaper

「キミを待つ その嬉しさに 声弾む」 レンママ

|
|

« 96の感謝 | トップページ | 帰りましたっ! »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516861/37068751

この記事へのトラックバック一覧です: レッスン:

« 96の感謝 | トップページ | 帰りましたっ! »