« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月21日 (土)

記念日

今日はレンがうちのコになって丸5年の

『うちのコ記念日dog

Ren_0101

連れて帰ってすぐに撮った記念写真

Ren2_0021

オスワリも板に付いた頃

Ren2_0091

パパの膝の上で  まだお散歩デビューできないんだ

Papa1

いいシーンなんだけどね

Renkun_0081

一番しんどかった頃、フードボールをデッキブラシで押しやってごはんをあげてたんだねぇcoldsweats01 目がギラギラだもんsweat02

0011

そして今shine こんなに我が家に落ち着いて、すっかりレン家の中心にhappy01

5年かぁconfident

いろいろありすぎてあっと言う間だったような、長かったようなthink

キミにはずいぶん助けてもらってるよ。

これからもずっと一緒にいてよねwink

『キミが来て 世界がぐんと 広がった』 レンママ

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

2012年4月10日 (火)

満開

満開の桜に誘われてcherryblossom 二日続けてお花見にrun

0051

陸橋を上って

0061

下りて行くと

0151

満開cherryblossomcherryblossomcherryblossom(俄かに曇ってしまったけど・・・)まだ五分咲きくらいだって

0161

記念写真camera か~わいいな~heart04

川沿いに歩いていると、1時間も経ってしまってたcoldsweats01

今日もまたお花見cherryblossom 今日はほんとに満開

でも今日はお友だちも一緒dog

0131

flairルークちゃん

0121

嬉しいなnote 一緒にお花見お散歩

0141

飼い主も幸せ気分heart01

またまた1時間のお散歩coldsweats01

やっと満開になったんだもの、楽しまないとね

cherryblossom   cherryblossom   cherryblossom   cherryblossom   cherryblossom   cherryblossom   cherryblossom

0091

happy01あらま、ふかふかオチリ

何してんの?

0111

dogひずめに夢中heart04

とにかくず~~~っとかじってますcoldsweats01

歯石が付かず、歯がきれいになるらしい・・・

結果に期待しましょうconfident

『この桜 も少ししたら さくらんぼ?』 レン

『何だって 食べ物になる 食いしんぼ』 レンママ

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2012年4月 5日 (木)

いってらっしゃい

やっと奈良にも春が来たcherryblossom

12_0091

見つけた見つけたeye

12_0101

大阪はたくさん咲いてたのに、レン家周辺はまだまだ

レンの朝のお仕事

パパの見送りpaper

12_0111

まだかな

12_0131

flair来た来た

12_0141_2

パパがわかりませんよsweat02

12_0121_2

行っちゃいましたねぇ

さ、お家に帰りましょう

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年4月 1日 (日)

奇跡

当たり前がどれだけ奇跡であるかを痛感しているレン家です。

ここ一ヶ月、レン家はとてもバタバタしました。 それも、日曜日ばかり。

最初はレンパパの母の救急搬送とHCU入院。幸い落ち着くのが早く、1週間程で一般病棟に移れたのでホッと胸を撫で下ろしたのも束の間、翌日曜日には私の弟が信州で事故に遭い、ドクターヘリで搬送され、ICUにと言う連絡が入り、単身信州へすっ飛んで行きました。

ICUで対面した弟は人工呼吸の管を管され、おびただしい数の点滴、どれだけ呼んでも反応はなく、「えらいこっちゃ」と随分心配したのですが、高度救命救急センターのドクターの説明を聞くにつれ、時間はかかっても生還すると確信、「全力で弟一家を支える」と心に決め、甥っ子を連れて大阪にとんぼ帰りして来ました。

これも若さと妹(弟の妻)の献身的な看病の甲斐あって、月末には大阪に転送。力強い回復力で日に日に元気を取り戻しつつあります。

そして今日、前に住んでいた所で仲良くしていた友人が、昨日急逝したと娘さんから電話がありました。

レンに苦情が来た時も「絶対手放したらあかんよ!」と語気を強めて励ましてくれた大切な友人でした。数年前に虹の橋を渡った愛犬ポチと再会できたかなぁ。今頃ポチと散歩してるのかなぁ。淋しいよぉ。

知らせを聞いてしばらく動けませんでした。パパと「何かを私らに知らせようとして、いろんなことが今 身の回りで起きてるよ。心して毎日生きて行かなあかんね」と話しています。

自分で食べられる、話せる、歩ける、トイレに行ける。こんな当たり前の事がいかに奇跡であるか、つくづく感じています。当たり前すぎて、その事に気づかずに毎日を過ごしている事に、やっぱり私たちは感謝して生きていかないといけないのだと思います。

自分と自分を取り巻く全ての人の命を愛しみ、常に感謝の気持ちを持ち続ける事を忘れてはいけないと思います。

もちろん

0341

| | コメント (17) | トラックバック (0)
|

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »