« 春まだ浅き | トップページ | いってらっしゃい »

2012年4月 1日 (日)

奇跡

当たり前がどれだけ奇跡であるかを痛感しているレン家です。

ここ一ヶ月、レン家はとてもバタバタしました。 それも、日曜日ばかり。

最初はレンパパの母の救急搬送とHCU入院。幸い落ち着くのが早く、1週間程で一般病棟に移れたのでホッと胸を撫で下ろしたのも束の間、翌日曜日には私の弟が信州で事故に遭い、ドクターヘリで搬送され、ICUにと言う連絡が入り、単身信州へすっ飛んで行きました。

ICUで対面した弟は人工呼吸の管を管され、おびただしい数の点滴、どれだけ呼んでも反応はなく、「えらいこっちゃ」と随分心配したのですが、高度救命救急センターのドクターの説明を聞くにつれ、時間はかかっても生還すると確信、「全力で弟一家を支える」と心に決め、甥っ子を連れて大阪にとんぼ帰りして来ました。

これも若さと妹(弟の妻)の献身的な看病の甲斐あって、月末には大阪に転送。力強い回復力で日に日に元気を取り戻しつつあります。

そして今日、前に住んでいた所で仲良くしていた友人が、昨日急逝したと娘さんから電話がありました。

レンに苦情が来た時も「絶対手放したらあかんよ!」と語気を強めて励ましてくれた大切な友人でした。数年前に虹の橋を渡った愛犬ポチと再会できたかなぁ。今頃ポチと散歩してるのかなぁ。淋しいよぉ。

知らせを聞いてしばらく動けませんでした。パパと「何かを私らに知らせようとして、いろんなことが今 身の回りで起きてるよ。心して毎日生きて行かなあかんね」と話しています。

自分で食べられる、話せる、歩ける、トイレに行ける。こんな当たり前の事がいかに奇跡であるか、つくづく感じています。当たり前すぎて、その事に気づかずに毎日を過ごしている事に、やっぱり私たちは感謝して生きていかないといけないのだと思います。

自分と自分を取り巻く全ての人の命を愛しみ、常に感謝の気持ちを持ち続ける事を忘れてはいけないと思います。

もちろん

0341

|
|

« 春まだ浅き | トップページ | いってらっしゃい »

ペット」カテゴリの記事

コメント

吉野さん、コメントありがとうございます。
御心配をおかけしてしまい、申し訳ありません。
重なる時には重なるもので、精神的に大忙しです。
吉野さんにはいつもお話ししているのでおわかりいただけると思いますが、何事にも必ず「~のため」という曰くがついていると思っている私たちですので、これだけ立て続けにいろいろなことが起きても、受け入れて頑張っていきたいと思います。
R君もきっと来年こそは喜びも倍になって返って来る事と信じています。
ブレない目標をお父さんが確信していてくれる事は、何よりも心強いことだと思います。

こうして心配してコメントをくださる事に心から感謝します。
またついでの時には寄ってくださいね。
お待ちしていますよ!
(いただいたコメントに実名が入っていましたので、こちらでお預かりさせていただいています。御了承ください。そして、ずっと引き伸ばしになっているお約束、もう少し延期させてください。すみません)

投稿: レンママ | 2012年4月 1日 (日) 14時24分

レン家のみなさま、大変お疲れさまです。
賢いレン君もきっとおうちの空気を察してレン君なりにできることをしていることと思います。

私もこうして休日の午後にパソコンに向かって好きなことができているのも、ものすごい偶然が重なって可能となっている奇跡なんだなぁとしみじみ感じています。
ついつい日々の忙しさや煩わしさに文句を言って、ありがたいことに目が行かなくなっている私ですが、一日も無駄にはできない、大切に生きよう、と再確認させていただきました。

投稿: pockymama | 2012年4月 1日 (日) 15時00分

いつでも喜び勇んで馳せ参じます。


人生には『必要なこと』しか起こらない。
表向き、マイナスなことが起こった時ほど、
『より成長させてもらえる』、
『幸せをより大きく感じれる』
と、感謝すべきですよね。

今ある事に感謝。かかわる全ての方に感謝。


今日は会社でお留守番の日でした。

投稿: 吉野から… | 2012年4月 1日 (日) 15時52分

「家族」として、「ご近所さん」として、「同僚」として同じ時代を生きていることが、「縁」なのでしょうね。
お母様と弟様の1日も早いご快復を祈っています。
どうぞ、支えになって差し上げてくださいね。

そして、レンママの支えはレン君にお願いしましょうね。
レン君、パパ&ママを頼んだgood

投稿: ひなママ | 2012年4月 1日 (日) 18時09分

pockymamaさん、こんばんわconfident
お見舞いありがとうございます。
人間生きてりゃそれなりにいろいろな事があって然りなんですけど、何もここまで重ならなくてもと思ってしまっている私です。
でも、今 起きてる事は私たちにとって必要な何かなんだと思いたいです。

本当に時間を無駄にはできない、大切に生きよう、ですね。
傍にはいつもワンコがいて、泣いたり笑ったり喜んだりさせてくれるんですもの、やっぱり感謝ですよ。
レンはちゃんと今の事態をわかっていると思います。
頑張りますrock

投稿: レンママ | 2012年4月 1日 (日) 20時37分

吉野さん、すばらしい言葉をありがとうございます。
『より成長させてもらえる』
『幸せをより大きく感じれる』
なかなか気づかないことです。
肝に銘じておきます。
私たちは吉野さんと出会えたご縁に感謝しています。

お仕事お疲れ様でした。

投稿: レンママ | 2012年4月 1日 (日) 20時40分

ひなママ、こんばんわconfident
お見舞いありがとうございます。
幸いどちらも快方に向かっているので、ホッとしていますが、弟の方は長期のリハビリが必至です。
でも、命が助かった事、生かされた事に感謝して、彼を支え、見守って行きたいと思います。
たった一人の大切な弟ですから。

レンにはしっかり“喝”を入れてもらってますよ。
凹んでられないように、要所要所で吠えかかってくれています。
「こらsign01しっかりせんかsign03」ってね。

投稿: レンママ | 2012年4月 1日 (日) 20時45分

周りも自分も常住ではないとわかっていても
乗り越えなければならなかったりする事が
続く時 沢山の方々に力をもらいます。
レンママさんパパさんはきっと
沢山の人の力になってきたと思うから
今回の様々な事も ゆっくり確実に
いい方向へ向かうと信じてます。

私も家族や自分に具体的不安はあるけれど
それをばねにと 踏ん張ってますよ。

投稿: ぴくわん | 2012年4月 2日 (月) 15時18分

レオ家も、数年前いろいろな難問が、一度に降りかかってきて大変な時期がありました。ため息の毎日でしたが、何とか周りの人たちに支えられながら乗り越えてきました。そんな時、ふとレオの様子をうかがうと部屋の隅っこでジーット私たちを見つめているんですよね、人間の気持ちがわかるんだ!と思ったらいじらしくなってしまいました。
お母様、弟さんのご回復お祈りしています。
あと、レオママは、その頃多忙からストレスと疲れから、ひどいぎっくり腰になってしまい寝込んでしまいました。レンママさんも確か腰痛とかひざ痛ありましたよね、気を付けてください。休養も大切です。必ず良い日が来ると信じて頑張ってください。

投稿: レオ兄 | 2012年4月 2日 (月) 16時46分

ぴくわんさん、励ましのコメントありがとうございます。
今はこの事態を乗り越えるしかありません。
ただ、自分たちだけではしんどいことでも、こうしてたくさんの方に励まされ、支えられ、頑張れそうです。
人は人と繋がって生かされているんですね。
ありがとうございます、心から。

ぴくわんさんもたくさんの不安を抱えていらっしゃるのですね。
頑張りましょうねrock

投稿: レンママ | 2012年4月 2日 (月) 20時36分

レオ家でもたくさんのことが重なった時期があったのですか。

母や弟のお見舞いコメントありがとうございます。
こんなにたくさんの方に気にしていただいて、感謝感謝です。
レンもいつもの私たちと違うことはちゃんとわかっているようです。
レンの場合はちょっと機嫌が悪いです。
ちょっとのことで「ウ~~」と唸ります。
レンを不安にしないように気をつけないといけません。

ストレスが溜まると、人間は弱い所にでますよね。
ありがとうございます、気をつけます。

投稿: レンママ | 2012年4月 2日 (月) 20時40分

レンママさん、ご自身もこんなに大変な時にブランに温かく、力強いお言葉をかけて下さってありがとうございました。

お母様、弟さんの事、一日も早いご回復をお祈りします。

レンママさんがおっしゃるように、何気ない毎日が如何にかけがえのないものかあらためて実感・感謝です。
以前、ラジオで聞いた言葉で、「有難う」の意味は「有る」ことは「難しい」ということを思い出しました。
普通にいつも有る・居るということは実は難しいことだから、尊いことなのだそうです。

投稿: ブラン母 | 2012年4月 2日 (月) 21時46分

何気ない、平凡な毎日が如何に大事なことか・・・

我が家も4年前実家の母が倒れて以降、今まで経験した事の無い事が次々と起こり、随分落ち込んでいた時期がありました。でも、落ち込んでばかりでは、前に進めませから、一つ一つ自分に言い聞かせ乗り越えてきたつもりですo(*^▽^*)o
支えてくれたのは、ワンコ~ズと友人です^^


お義母様と弟さんが一日も早く回復されることを、お祈りいたします。

レンママさんも無理なさらないように、ご自愛ください。

投稿: チャーチャ | 2012年4月 2日 (月) 22時46分

ブラン母さん、お見舞いのコメントありがとうございます。
>「有る」意味は「難しい」
そうなんですね。
尊いことを毎日当たり前に感じてしまって、大切な事を忘れてしまっていたのかもしれません。
だから神様が気づかせてくれたのかな・・・

ブランちゃんのまったりした表情に、私の心もまったりさせてもらっているのですから、いつまでも元気でいてもらわないと困るのです。
具合はいかがですか?

弟は今日やっとこさ、折れていた腕の手術をしました。
本格的なリハビリが始まります。
応援してやりたいと思います。
私の応援をしてくださる方がこんなにたくさんいてくださるんですものrock頑張ります!

投稿: レンママ | 2012年4月 3日 (火) 20時50分

チャーチャさん、お見舞いコメントありがとうございます。
チャーチャさんもそうでしたね、しばらくブログをお休みされてたことがありましたね。
>落ち込んでばかりでは、前に進めません
本当にその通りです。
でも、一人ではとてもしんどいことも、たくさんの方に支えていただく事で勇気が湧いたり、元気になったり。
もちろんレンにもずいぶん助けられてますdog
回復に向かっている義母と弟の為にも、頑張りたいと思います。
周りのみなさんに感謝の気持ちを忘れずに。

投稿: レンママ | 2012年4月 3日 (火) 20時57分

お義母さまと弟さんのお見舞いを申し上げます。
とても遅くなってしまいすみません。
お義母さまと弟さんのお見舞いを申し上げます。
大切なご友人もお亡くなりになられたと書かれていたので、、
レン家は、本当に素敵なお友達に囲まれていたのですね。

生きている
生きていく
生きたかった 人たちの 命も
生きていく
精一杯 この日を
精一杯 明日を

書いてあった方のブログから文章をもってきました。

身にしみる内容だったので、カキコミしてしまいましたが、
私もすっかり忘れていました。
生きていることに感謝しなくてはいけませんね。


御霊のご冥福を心よりお祈りいたします

投稿: ryuga | 2012年4月 5日 (木) 23時04分

ryugaさん、お見舞いのコメントありがとうございます。
義母は年齢もあって回復も遅々たるものですが、それでも会いに行くといろいろ話してくれます。
弟は頭を打っているので今後の事が心配ですが、せっかく生かされた命ですから、何としても大切に生き抜いてほしいと思います。
私も心に染みました。
忘れてしまうけど、忘れてはいけない大事な事を私たちに命をもって知らせてくれた友人にも恥じない生き方をしていこうと思います。

気分転換にレンはいい相棒になってくれています。

投稿: レンママ | 2012年4月 6日 (金) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516861/44710862

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡:

« 春まだ浅き | トップページ | いってらっしゃい »