« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

定点撮影

毎年同じ場所で撮影をしていると、レンの変化がわかるからおもしろいhappy01

今年も行ったぞ~rvcardash

いつもの場所で

0291

現在のレン

4年前は・・・

091

やっぱりだいぶちゃうなthinkと思います

貫禄というか、落ち着きと言うか・・・

変わらないのは噛みっコだってことかなcoldsweats01

そうそう、この前噛まれたところねhappy02

0201

なんて、かわいい笑顔でねぇ~

0211

もう遠~い過去のことだもんね。

これは少し前の画像です。

今はもうすっかり癒えましたよup

sun    sun    sun    sun    sun    sun

梅雨の最中と言えども、季節が来るとちゃんと咲く花はすごいfuji

この時期、レン家に咲く花たち

0171

ナツツバキ

0261

イエローヤロウ(ハーブの一種)

0231

0241

そして私の大好きなブッドレア

バタフライフラワーと言うだけあって、いつも蝶がヒラヒラ舞ってるnote

0191

「いいよ~」って言われないと外に出られないレンは、こっそり覗いております。

日曜日に遊びに来てくれた、パピヨンのルークちゃんdog

9歳の彼は落ち着いたもので、ちゃんと自分の居場所を確保sign01

0151

ルークちゃんが帰った後でレンったら、尻突き出して残り香を嗅ぎまくってたcatface

どこで出会っても、どこで一緒にいても大丈夫なお兄さんがルークちゃん。

デカイ弟分だけど、よろしくです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2013年6月 9日 (日)

噛まれました

ゆっくりとお散歩をすませ、コーヒーcafeとトーストで朝食をとろうとイスに座った途端

「ギャウsign01ギャオギャオsign03ガブガブガブimpact

レンの異常な声と同時に私の足に激痛が走りthunder動かす足に更に執拗に噛み付いて来る犬の口wobbly

「うわ~~~sign01やめて~ぇsign03

叫んでもこれでもかと言わんばかりの勢いに恐ろしくなった私が取った行動は

テーブルの上に這い上がることでしたsad

パパがレンを呼んでくれて、やっとホッとsweat02

幸い?足だったのでGパンや靴下の上から噛まれたため、歯が食い込むことは免れたのですが、ジンジン痛む傷を見るのが怖かったbearing

恐る恐るめくってみると、出血こそあったもののそれほど酷いものではなかったのですが、右足2箇所、左足3箇所の計5箇所にガッツリと歯型がcoldsweats02

0011

一部画像処理しています

今回のシチュエーションの御説明confident

テーブルの下にレンが入り込んでいることを全く意識していなかった私は、普通にイスに腰掛け、足をテーブルの下へと移動させたのですが、その時、私の足がレンの敏感な所に接触したのでしょう。

びっくりしたレンは、ひたすら突然自分に無言で触れてきた物体から逃れるべく、必死で噛み付いたわけです。しかも、その謎の物体は動く。じっとしてたらまた襲われるかもしれん、と追いかけて攻撃したのだと分析します。

最後の踵を狙った噛み付きでは、コーギーの本能が炸裂したのか、何回も繰り返し噛んできましたから・・・

おまけに何も手を出していないパパの手にまで歯を当てましたから、レンもそうとうパニックになっていたのでしょう。

しつこいほどマ〇ロンをシュッシュして手当てをしてるうちに、だんだん腹が立って来て、思わずレンに向かって文句を言いそうになりましたが、思いっきり河内弁(私、生まれも育ちも河内のド真ん中)になりそうだったので、グッとこらえました。きっともっとレンを煽ることになると思うのでng

深呼吸してレンを見ると

0041

何か言いたげな

0061

でも、許しちゃうのですcatfaceこの顔されると。

パパは「レンがおるのに足持っていったらあかんやろ」って。

だって、全く意識してなかったし。

いや、ホントに怖かったです。

今年2回目の流血ですweep

『噛むんやなあ あんたやっぱり ビビリやなあ』レンママ

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2013年6月 8日 (土)

ど~っちだ?

頑張ったんですrock 飼い主confidentもレンもdog

毎年恒例のワクチン接種hospital

今年はパパの病院と重なってしまって 私一人でレンを連れて行かなければならないというシチュエーションcatface

病院行きを察知したレン

0041

パパの向こう側に回って気配をけしてマスsweat02

説得されて出ては来たものの

0051

一生懸命訴える笑顔

その割には諦めというか、開き直りの早いのがこのコのいいところshine

病院でもさっと自分で受付を済ませ

0061

ってなことはないケド

あっちゅう間にお注射も終わって

0071

せっかく大枚叩いて後部座席にレン用シートを作ったのにweep

跨いで潜ってどうしてでも前に来てしまう有様(トホホ)

よ~く見てupリードが後部から前に来てるでしょ~despair

この小さい頭の中の脳みそにこれだけの思考力の膨大さはいかなるものかsign02

感服の至りにございまするthink

助手席にいるだけならまだしも、運転中の私に擦り寄って来るのにはまいったsign01

やっぱりクレートに入ってもらわないと絶対危険sign03

とにかく安全に往復することに必死に頑張った飼い主と、お注射よりも

「どうやって助手席に行ってやろうか」

とあの手この手で頑張ったレン

診察より道中happy01

お注射より助手席dog

どちらに一票ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »