« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月25日 (火)

面会

入院中のレンに面会に行ってきました。

今日の検査は、腸切開。

お腹に小さな穴を開けて、そこから腸を引っ張り出し、さらに腸壁を採取し、病理検査に出します。写真でレンの腸を見ました。もちろん、素人の私たちに病変がわかるはずもなく、ただただ院長先生の説明を頷きながら聞くだけでした。

「明らかな所見が見られます」と言われ、病名はおそらく『腸管リンパ拡張症』

腸で吸収されるはずのタンパク質が、うまく吸収できない病気だそうです。

病理検査に出しているのは、リンパ腫の検査。こちらは1週間後にしか結果がわかりません。

レンは丸1日の絶飲食のため、点滴にて栄養補給中。ゆっくり食事を再開するのは、明日の夕方以降になり、嘔吐や排便の事も心配なので、今週いっぱい入院することになりました。

今後の治療法は、検査の結果が出てから考えることになりました。

投薬や食餌療法になるかもしれません。一生付き合わなければならないのかもしれません。

でも、いいように考えたら、靭帯が切れたため病院へ行き、この病気が症状が出る前の段階でわかったのかもしれない。そう思うと、早期発見、早期治療ができてよかったのかもしれない。

ICUに入っているレンにも面会できて、ちょっと安心しました。連れて帰ってもらえると思ったかもしれないのはかわいそうだったけど・・・

7歳という年齢は、いろいろな病気が出てくる頃なんだそうな。近所のコーギーちゃんも7歳で病気になって、9歳で虹の橋を渡った。命の重みをかみ締めて大切にしないと。

検査の結果が気になるけど、とりあえずはホッと一息です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年2月24日 (月)

検査入院に

仕事を終えて帰宅し、レンの様子を聞くため病院に電話をすると

「痛み止めで脚を着いて歩くようになっていますので、しばらく内科的治療(投薬)で様子をみましょう。それより、血液検査の結果について院長からお話ししたいことがありますのでとりあえずこちらに来ていただけますか」

パパの帰りを待って、二人で病院へいきました。 院長先生直々だなんて、一体何だろう、怖いな、なんて思いながらとにかく話を聞くため、病院へ向かいました。

「膝は靭帯は切れているものの、しばらくこれで様子をみていいでしょう。問題は血液検査の結果です。腸が栄養を吸収できていないと思われます。それくらい数値が低いです。自己免疫性疾患かもしれない。病気を特定するためには、麻酔をかけて、超音波検査、さらに異常が確認されたら腹腔鏡で中を診ます。脚よりこちらの方が命取りになり兼ねない。そしてさらに、リンパ腫の可能性も拭えない。」

え?何?何言ってるの?先生?

「病気を特定せず、とりあえずステロイド剤を投与して様子をみるという方法もありますが、的確な治療になるかどうかはわかりません。それより、きちんと検査して、病気を特定して、的確な治療をする方があのコに何回も辛い思いさせなくてもいいと思います。費用の問題もあります。どうしますか。」

さらに院長先生のゆっくり、しっかりした口調での説明を受け、パパも私も迷わず「きちんと検査してください。」とその場でお願いしました。

レンの命を守りたい。病気であったとしてもそれを受け止め、治療を受けさせたい、そう思いました。

レンは明日、検査を受けます。リンパ腫でありませんように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年2月23日 (日)

レン、入院する


久しぶりに家族で近くの公園にお出かけrvcardash

P1070349

パパにボールをなげてもらってご機嫌note

P1070354

笑顔MAX

P1070368


まだ雪の残る道をゆったり散策

でも・・・でもね

家に帰ったらレンは左後脚を格納して、絶対に地面に着こうとしなかったのですdespair

しばらく様子をみることにして、そのまま休むことにsleepy

翌朝、ケージから出る時も、やっぱり昨日と同じ

左後脚は折りたたまれたままsad

「あかんな、病院やな」

いつもお世話になっている動物病院へGOrvcardash

P1070370

「今日は何ですか?」

不安そうにパパを見上げる顔

P1070371

全身ロックされて、口輪を着けて診察中

P1070374

レントゲンの結果、膝の骨がずれていて、十字靭帯断裂の疑いが強いので、鎮静剤を打って関節内視鏡で調べてみた方がよいとのことdown

それで、もし手術したほうがいいと診断されたら、そのまま手術を受けることになるそうですweep 昨夏、マイボームの手術をしてまだ1年経たないから心配だけど、放っておくと、庇う右脚も悪くして、さらにまた手術ということになることがよくあるそうな

院長先生は外科の専門で、レンをよ~く知ってくださっていて、ご自身も飼い主に見放されたカミカミコーギーを最後まで面倒みられて、私たち飼い主のどん詰まりの心を受け止めてくださった方。

院長先生のご判断にお任せして、レンを早く治してあげたいthink

明日の内視鏡検査を待って、これからの治療法を考えたいと思います

とりあえず、今日は入院することになったのです

とても心配な一日になります

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年2月18日 (火)

そっくり!

P1070347


『あとりえChisato』にお願いして作ってもらったのheart04

そっくりでしょ?

P1070345


レンも興味津々happy02

P1070346


「どっちが男前ですか」

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年2月15日 (土)

バレンタインデー

レン坊にチョコを

P1070338


sign01君はチョコがダメだった

代わりに食べてあげるね

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年2月14日 (金)

また!雪

毎週ですdespairsnow

またまた通勤路は通行止めng 電車出勤といたしました

P1070333

半休取って、庭の通路の雪かきをしながら作った雪だるま?にょろにょろかな?

レン坊はシャンプーしたてなので、お家で軽く運動をして過ごします

最近吠える声が甲高くてしつこいので、昨夜は繋留しないで過ごしてみましたcoldsweats014カ月ぶりのことです(ご近所からの苦情が気になるし)

でも、ずっとフリーというわけではなく

P1070332

「ベッド」とコマンドをかけるとコレhappy01

そのまま知らん顔しているとウトウトし始めますsleepy

所々でフリー そして コマンド

少しずつ少しずつconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2014年2月 9日 (日)

番犬してます

P1070331

近づいてみたらeye

P1070330

デカッsign03

P1070329

置き物みたいupウ~~ンsweat01モフモフしたいっhappy02

レン家地方も何年かぶりに積もりましたsnow 大阪へ行く予定だったのにrvcar幹線道路は全て通行止めbearing 仕方なく電車でお出かけすると、トンネルを抜けると雪なんてなかったgawk

さて今日はシャンプーの日shine

お家大好きなレン坊は、これまた久しぶりに

P1070328

「お出かけいやです」

しっかり甘えてくれはりましたheart02 温かかったheart04

P1070325

「きれいにしてもらって来ますよup

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »