« レン、入院する | トップページ | 面会 »

2014年2月24日 (月)

検査入院に

仕事を終えて帰宅し、レンの様子を聞くため病院に電話をすると

「痛み止めで脚を着いて歩くようになっていますので、しばらく内科的治療(投薬)で様子をみましょう。それより、血液検査の結果について院長からお話ししたいことがありますのでとりあえずこちらに来ていただけますか」

パパの帰りを待って、二人で病院へいきました。 院長先生直々だなんて、一体何だろう、怖いな、なんて思いながらとにかく話を聞くため、病院へ向かいました。

「膝は靭帯は切れているものの、しばらくこれで様子をみていいでしょう。問題は血液検査の結果です。腸が栄養を吸収できていないと思われます。それくらい数値が低いです。自己免疫性疾患かもしれない。病気を特定するためには、麻酔をかけて、超音波検査、さらに異常が確認されたら腹腔鏡で中を診ます。脚よりこちらの方が命取りになり兼ねない。そしてさらに、リンパ腫の可能性も拭えない。」

え?何?何言ってるの?先生?

「病気を特定せず、とりあえずステロイド剤を投与して様子をみるという方法もありますが、的確な治療になるかどうかはわかりません。それより、きちんと検査して、病気を特定して、的確な治療をする方があのコに何回も辛い思いさせなくてもいいと思います。費用の問題もあります。どうしますか。」

さらに院長先生のゆっくり、しっかりした口調での説明を受け、パパも私も迷わず「きちんと検査してください。」とその場でお願いしました。

レンの命を守りたい。病気であったとしてもそれを受け止め、治療を受けさせたい、そう思いました。

レンは明日、検査を受けます。リンパ腫でありませんように!

|
|

« レン、入院する | トップページ | 面会 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516861/55123150

この記事へのトラックバック一覧です: 検査入院に:

« レン、入院する | トップページ | 面会 »