« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

そうだったの・・・

2週間ぶりの病院の日でした。

今日も血液検査です

そして結果

ステロイド治療による腸の数値は残念ながら、悪くなっていました。

そして今度は肝臓の数値異常が見つかりました。

GOTとGPTがどちらも異常に高い数値がでていて、治療対象です。

さらに胆嚢に『ドロ』が溜まっていて、これも治療対象。

体重も14㎏以上あったものが11.9㎏になっていたのも気になるところです。

この原因のひとつに、ステロイドが考えられるそうです。もともと病巣は潜在していて、ステロイドがその後押しをしたということも考えられるとも言われました。

本来ならこのまま即入院だそうですが、幸いレンは食いつきがいいので(食いしん坊なので)薬を変えて様子をみてみましょうということになりました。

あれだけ肝臓の数値が悪いと、散歩も行きたがらないはずです。しんどかったんでしょう。

通常100以下のところ、レンは1800もあったんですから。

でも、家では散歩以外は普段と変わりなく過ごしているのと、入院となるとやはりかわいそうですし、という事で自宅での投薬で様子をみましょうということになったのです。

検査検査でかわいそうなのですが、仕方ありません。今日はエコー検査をがんばりましたよ。

さて、レン家にはただ今おばば(私の母)が滞在中です。

とっても仲良しですよ。

P1070407


P1070410


P1070408

ゲットしました。


と言う感じで毎日甘えています。

幸せな時間はいつまでも続いてほしいです。

レンの病気との闘いは続きます。

家族でがんばっていきます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

2014年3月23日 (日)

誘ってはみてますが

一応、毎朝夕ごとに散歩に誘ってはみているのです

決して無理強いはしていませんが、ちょっとでもその気になってくれたらいいなと思ってcoldsweats01

昨日の朝は10分ほどですが、嫌がらずに歩きましたよup

でも、今朝は・・・

P1070401

そんなこと言わないでさ

P1070402

ちょっとそこまで、すぐ帰るよ

P1070403

わかった。

仕方ないねぇdespair 絶対に目を合わせないんだからsad

P1070404

この目。たまりません。この時ばかりはこの瞳

P1070405

勝手に開かないよthink

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

2014年3月19日 (水)

困った

どうすればいいもんでしょうかdespair

Pass

って抗議中

Pass1

要求を提示

Pass2

毅然たる態度で

絶対に歩こうとしないんです、家の間口ほどしかsad

当然ウ○チも・・・です

その気になってくれたらと思って、玄関先に座り込んでみました

そしたら

P1070394

足の間に収まってしまいましたsweat01

脚、痛いのかなあ

P1070395


あんたの気持ちが読み取れんわsweat02

やっぱり調子イマイチなんやね~

どうしてあげたらいいものかthink

行きたがらないんならしゃーないか

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

2014年3月16日 (日)

病院行って来ました

ステロイドを飲むようになって1週間経ったので、血液検査をするため、病院に行ってきましたhospital

数値は若干ですが上がっていて、薬の効果が出てきているそうです。3錠だったところを2錠に減らして様子をみることになりました。

とは言え、脚の方は相変わらずで、ここ2~3日は散歩に出てもすぐに回れ右をして「帰りましょう」と私を見つめます。 昨日の朝なんぞは門を出て10m程歩いて終わりです。痛いのかなあ・・・

ワンコはものを言わないので、こんな時困ります。

でも、いろいろ考えたところでレンが喋ってくれるわけでもないので、ここはレンの意思?を尊重して無理に歩くことはしません。

お腹の傷もずいぶんきれいにくっつき、今日はすっきりシャンプーをしてもらって、男前さんになりました。

体重が2㎏も減っていたのはちょっとビックリしましたがdespair

Imgp0530

お誕生月の記念写真をスクールからいただきました。

レンの大好きなトレーナーさんにこんなことしてもらいましたよup

Imgp0537

「コッコレン」ですchick

「何でこんなんかぶらせるん?」って?

少しずつですが、心に余裕が持てるようになってきました。

暖かくなったらどこかへ行ってゆっくり遊びたいな

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2014年3月 9日 (日)

少し落ち着きました

ドタバタの2週間が過ぎて、何となくちょっとだけ気持ちが落ち着いたレン家です。

レンは相変わらずのガウリンで、昨日は久しぶりに噛まれましたcoldsweats01

理由は明らかなんですよね。

P1070386

エリカラが割れたので、取ってあげようとしたんです、無謀にも。

やはり無理と過信はいけませんthink

唸りなしでガンッimpactと来ましたから。

季節柄、二重手袋とコートの袖口のカバーのお蔭で血豆とアオタンで済みました。

午後から報告の為スクールに行きました。

ここでしかできないことをいくつか・・・

P1070391

ひっくり返してお腹を見てみましたeye

もう少しアップで

P1070389

ちょっと恥ずかしいhappy02sweat01  でも、傷口がはっきりとわかります。

ここから腸を引っ張り出して検査したんですよね。

レンちゃん、よく頑張ったねsign01

芝刈りをしたようなお腹は、どれくらいでフワフワ毛並みが復活するのでしょう?

割れたエリカラも難なく外してもらいました。

一体トレーナーさんと私の手の何が違うのでしょうかdespair

そして家に帰ってからはパパと軽くお散歩doghappy01

P1070393

パパさん、早く行きましょうよnote のレン

clover    clover    clover    clover    clover    clover    clover

レンの今後のこと

本当は切れた靭帯の手術をしないといけないのですが、腸の病気を先に治療しないと、医学的な理由でできません。

脚の方は 『カルトロフェンベット』という注射を週1×4を1クールとして打ち、様子をみることになりました。これで効果があればいいのですが、ステロイドとの関係で痛み止めの薬を止めたため、痛みがでるかもしれません。難しいところです。 現に今朝はあれほど好きな散歩に行くのをためらっていました。

今後の制限は、走らない・段差(階段)は極力避ける・投薬を続ける・おやつは脂肪分の少ないものを少量・・・等々

しゃーないっちゃぁしゃーないことなんですが、腸の病変が肉腫(悪性)にならないとも限らないので、病院、スクールの助けを借りながら、頑張るしかありません。ひょっとしたら、一生かもしれないけど、それは仕方のないこと。ん、頑張ります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年3月 7日 (金)

結果

[病理診断] リンパ管拡張症(非腫瘍性病変

[予後] リンパ管拡張症あるいは蛋白漏出腸症としての治療と経過観察が必要

読んでいると、難しい言葉がたくさん出てくるのですが、とにかく悪性のリンパ腫でなかったことだけは確かでした。

ただし、この病気の治療はすぐに開始しなければいけませんし、制限もちょっとだけ(と思うようにしてます)あるので、家族で病気から早く脱出できるように頑張ります。

今日は、たくさんの方にご心配いただいているので、とりあえずのご報告のみです。すみません。

一両日中に改めて、詳しくレンと共に「その後」をアップします。

今日はレンの7歳の誕生日。検査の結果が何よりのプレゼントになりました。

ご心配くださっているみなさん、ありがとうございます。レン、最悪の結果は免れました。

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

2014年3月 2日 (日)

いつも通り

「安静に」とは言われたものの、大好きなお散歩をして気分転換をするのはレンにとっても私たちにとっても大切なこと。

P1070379


エリカラがちょっと気になるけど・・・

行って来ますdog

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2014年3月 1日 (土)

帰ってきました

P1070375

5日ぶりに会えた

嬉しい嬉しい再会

P1070377

会計待ちのレン

P1070378

やっぱり我が家が一番ですね?

脚は痛み止めで普通に歩いてはいるものの、散歩は排泄程度に。

3日間絶食したので、フードは特別療法食。

抗生剤と消炎鎮痛剤の投与。

段差はダメ、走ったり跳ねたりもダメ。安静に。

腸の病気は間違いないものの、検査結果を待たないと治療の開始ができないから、結果が出る木曜日まではとりあえずおとなしくしているように、と言われて帰ってきました。

たくさんの方にご心配いただきましたが、レンは帰って来ました。

いつもの笑顔と少々の『ウ~~』を携えて。

まだ検査の結果を聞かないと楽観できませんが、帰って来てくれたことが素直に嬉しいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »