« 初めての | トップページ | すごいです »

2014年6月 7日 (土)

安らかに

レンパパの兄ちゃんちのロン君が、虹の橋を渡りました

6月6日、16歳の誕生日でした。

小型犬の平均的な寿命であったとはいえ、やはりひとつの命を送るというのは悲しいものです。

姪っ子のAちゃんの8歳の誕生日に、兄ちゃんちにやって来ました。

それから16年間、家族としてみんなにかわいがられて来ました。

Aちゃんは、来週かわいい花嫁になります。

ロンちゃんは、Aちゃんの成長と幸せを見届けて安心したかのように眠っていました。

姿は見えなくても、ロンちゃんはきっとAちゃんについて行くんじゃないかな?なんて思ってしまいました。

3歳の頃に若返ったように見えたロンちゃん。毛はフサフサでした。

どうか安らかに、いつまでも兄ちゃん家族と、Aちゃんの幸せを見守っていてください。

P1070491

家族だけの静かなお葬式でした。ロンちゃん、どうか安らかに・・・

|
|

« 初めての | トップページ | すごいです »

ペット」カテゴリの記事

コメント

悲しみを乗り越えて新たに家族の絆を強めてくれたロンちゃん、安らかに、ご家族それぞれの心の中にロンちゃんも一緒に結婚式に参加することでしょう。これからもずっとそばにいてくれます。大切な存在だったから。

投稿: レオママ | 2014年6月 8日 (日) 15時09分

レオママ、すてきなコメントありがとうございます。
16才のロンちゃんは、穏やかな顔でした。
何か、姪っ子が家を出て行く1週間前に亡くなるなんて、不思議な運命みたいなものを感じました。
初めて立ち会っワンコさんの葬儀、火葬、お骨拾いでした。
考えたくないけど・・・
レンと一緒にいる今を大切に過ごしたいと思いました。

投稿: レンママ | 2014年6月 8日 (日) 19時39分

ロン君の16年間、Aちゃんと共に成長し泣き笑い、何時しかAちゃんの年齢を追い越し、Aちゃんを見詰め守ってきた事と思います。そのAちゃんをこれからずっと守ってくれる人が現れたのを見届けて、安心して旅立ったんだと思います。結婚式までの一週間何かと慌しく、忙しくなるので、“僕は、これでさよならするよ”ってこの日を選んだんですよ。
チャチャもそうでしたから^^

ロン君のご冥福をお祈り申し上げます

投稿: チャーチャ | 2014年6月 8日 (日) 21時07分

チャーチャさん、コメントありがとうございます。
読みながら泣いてしまいました。
ロンは、姪っ子が家から居なくなることがわかってたんでしょうね。
大切なひとつの命を送るということが、どんな事か少しだけわかったような気がします。
難治性の病気を抱えてしまったレンですが、頑張って向き合う勇気もロンは私たちに残してくれました。

投稿: レンママ | 2014年6月 9日 (月) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516861/56431745

この記事へのトラックバック一覧です: 安らかに:

« 初めての | トップページ | すごいです »