« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月27日 (日)

レンの日常

連日の殺人的な暑さが、今日はちょびっとだけマシ

レン家地方、先ほどから雨rainが降って来ましたnote

ホッと一息です

とにかく暑さにめっぽう弱いワンコさんですから、朝のお散歩は夜明け前

P1070605


稲の海の向こうに もう少ししたらお天道様がお出ましになります

もちろん、お天道様に「おはようsun」する前に帰ります

それでも帰ると即効『補水』です

P1070607


P1070606


dogプハア~うんまい~」

夕方の散歩は控えてるので、たっぷり歩きますrun

満足すると

P1070608


まったり寛いで扇風機の番をします

レンの日常ですconfident

極々普通の生活が、実はとても幸せなことだと感じているレン家です

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2014年7月26日 (土)

どこでもOK

家の中だとどこも触れないレンだけど

P1070603

これくらいのこと、全然平気でok

P1070604

もちろんこの程度ならWellcome

写真は撮れなかったけど、マズルまでつかめてしまうくらい無抵抗なのです

家や庭=レンのテリトリーを出ると脚以外は触れることが許されるのです

病院へ行くと、どのコも飼い主さんに抱っこされて入って来ます

そんなのを見るにつけ

「いいな~レン抱っこしたいな~」と切に思うのです

前置きが長くなりました

3週間ぶりの病院でしたhospital

薬を変えて初めての血液検査sweat02

劇的な改善はみられなかったものの、数値が下がることはなく、体重も14㌔を維持

まあまあでしたcoldsweats01scissors

レンから皆様へのご挨拶です

Imgp2534


「暑中お見舞い申し上げますpenguin毎日の暑さに負けず、夏を乗り切りましょうsign01

いつも応援してくださってありがとうございます。」 by レン

(画像K'sドッグスクールより)

海の日含む3連休、私たちは信州白馬へ登山旅行に行ってきましたfuji

母と叔母を伴っての旅行だったので今回レンはお留守番house

後でわかったことなんですが、ryuga家が時間差で同じエリアにいらしたり、コナツちゃんちも同じ「ガーリック」で時間差ランチをしていたりと、距離が縮まったことに喜んだり、会いたかったな~ととても残念に思ったり・・・

いつか会えたら嬉しいなnote

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2014年7月 6日 (日)

ぴたっと

あれだけパパにガウッても

こんなことされると

全てがシアワセに変わってしまうのです

P1070571


病気のことはしばし忘れて

この時間を楽しみましょうheart04

P1070573


ウ~~ンheart02ホンマにnote

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2014年7月 5日 (土)

試行錯誤

毎週病院通いを続けるレン家ですhospital

今日はリンパ管拡張症の数値検査でした

採血にも慣れてしまったのか、クワック(口輪)もおとなしくされています

で、結果ですが・・・

よくありませんdown

タンパクの値が下がっており、ステロイドを飲む前の数値になってしまいました

治療食を変えても、1錠500円の免疫調製剤も効果はありませんでした

アルブミン値も更に下がっていましたdowndown

ステロイドの復活は考えたくありませんthink

これはドクターも同じ意見

治療方法を考えなければならないところにきています

ステロイドを飲むと、タンパクの値は上昇しますが、肝臓の数値がまたガンッimpactと上がってしまいます

これは困りましたwobbly

考えられるのはやはり、薬を変えること

これまで使ったことのない免疫調製剤を使ってみることになりました

が、これが液体カプセル

砕くわけにもいかず、どうやって飲ませるか

かと言って水薬にすると一日あたり1100円という恐ろしい数字が目の前に乱舞typhoon

当のレンは普段といっこも変わらず至ってレン

P1070569

dog「元気ですよsign01

ね、レンでしょ?

どこが病気やねんsign02なんですよ

ガウルし、食べるし、引っ張るし

散歩から帰って来ても

P1070567

dog「たくさん歩きましたdash満足です」

これですもん

でも、このまま放っておくと取り返しのつかないことになるのは確実です

最良の薬を試行錯誤しながらいくしかないのでしょうねぇ

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »