« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月21日 (土)

春分の日に

誕生日のお祝いが延び延びになってしまって、しかも私の仕事が超忙しくて、レンにケーキをプレゼントできずにここまでズルズルsign04ごめんねbearing

やっと少し余裕ができて、ポカポカ陽気の中のほんわかお散歩dog

Cimg0218

田んぼの天地返しもすっかり終わってしまってるね~

桜の蕾だってほらeye

Cimg0220

あと何日で咲くかなcherryblossom

しばらく入院してたけど、すっかり元気にしてもらって遅ればせながら誕生日の記念撮影といたしましょうcamera

Cimg0222

何か隠れてしまってるね~

もう1枚shine


Cimg0221

今度はok

たくさんの人に心配してもらって、応援してもらってレンは幸せ犬です

リンパ管拡張症の症状でなく、単に急性大腸炎でした

ちょっと時間がかかりましたが、復活しました。

御心配いただいた皆さま、ありがとうございました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

2015年3月 7日 (土)

誕生日と入院

弥生三月cherryblossomもう春はそこまで来てますねぇ

今日はレンの8歳の誕生日ですbirthday

でもレンは今、お家にいませんweep

昨日からの下痢と嘔吐で緊急入院ですhospital

昨日の夕方のお散歩でピーピーしてました

食欲も普段通りだったけど、やや少なめのごはんにしました

もちろんガツガツ完食shine

少々の不安を持ちながらも「おやすみ~」night

そして今朝、レンの部屋のドアを開けた瞬間「sign03」の私

覚悟を決めてケージを開けると・・・

大変な状況を御想像いただけましたか?

一目散にシートに向かう彼の後を追って

「待ってやsign01ちょー(大阪では「ちょっと」のことを事態が緊迫するとこう言う)待ってやぁsign03

と慌ててシートを敷きまくると、何とか間に合いましたcoldsweats01

辺り一面、すごいことになってしまいましたが、ケージの中でも自分を汚さず、出て来てもシート上でちゃんと用をたしてくれるレンheart01

普通ならここで抱きしめてヨシヨシしたいところですが、そうはいかないのがカミカミワンコオーナーの辛いところbearing

パパは自分の病院に行かなければならないので、私が一人でレンを病院に連れて行きましたrvcardash

持病のこともあるし、脱水症状でもあるし、皮下点滴で絶食と言われ、仕事に行くのでずっとみていてあげられないことも考慮してくださったDrが

「預かりましょうか。その方が安心だったらこちらはいいですよ」って。

点滴もしないとダメだし、ピーピーが治まるまで入院する事になりました。

仕事に行ってる間に容体が急変したらそれこそ悔やむに悔やまれませんから。

「面会はいつでも来てください。電話でもいいですよ」って、何てありがたいことconfident

誕生日のお祝いは治ってからに延期することにして、今は治療に専念中のレンです

Cimg0079

「入院することになりました」

Cimg0080

「元気になって帰ってきますよup

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »