« お盆休み | トップページ | 秋色 »

2015年8月17日 (月)

犬は噛む

引っ張りもなく、吠えかかりもなく、まったりと飼い主さんと散歩しているワンコさんを見ると

「このコは噛まないんやろうなあ」

と、つい思ってしまう。

先日、レンを病院へ連れて行った時、会計待ちをしている私の目の前で起きたこと

待合の中は混んでいたので、テラスで待つことにして、いすに座ってボ~っとしていると、玄関扉を開けて出てきたおばちゃんが、扉のすぐ横に座っていた小型犬に

「あら~、かわいいねえ」

と言って、頭をなでようと手を出した瞬間

「ギャン!」

ほんの一瞬の出来事、誰もどうすることもできなかった

おばちゃんの手からは、血がポタポタ落ちていた

周りにいた人たちが、慌てて駆け寄って手当をしていると、受付のお姉さんが

「すぐに水で流して病院へ行ってください」

きっと、このおばちゃんは犬に噛まれたことがないんだろう

レンのお友だちワンコの飼い主さんには、小さいお孫さんがいる

その子たちは、本当に小さい時から『犬は噛む』と教えられて育っているので、絶対に手を出さない

レンのトレーナーさんの坊やも、よそのワンコさんをなでたい時には必ず

「噛まない?」

と飼い主さんに聞いてからなでさせてもらっているそう

「噛まない?」じゃなくて、「なでてもいい?」にしてほしいなぁとは言ってらしたけど

レンも散歩中に、子どもが近寄ってくる事がたまにあるけど、必ず

「触らないでね。びっくりしたら噛むかもしれないからね」

と言うようにしている

誰かに

「最近噛まなくなったね」

と言われると

「噛ませないように気をつけてるから」

と答える

そう、犬が噛むのは、犬として普通のこと

言葉を持たないワンコが、自分の意思を相手に伝える一番わかりやすい方法だもの

だから、噛ませない工夫をする

カーミングシグナルを読み取る

ワンコをこちらの都合にばかり合わせさせるのではなく、人間もワンコを理解し、お互いが暮らしやすい環境を造る

一度『噛む』ことを覚えたら、いつ本気噛みになっても不思議ではないから、早いうちにお互いが辛い思いをしなくていいように、しっかり考えないと

今、パパとレンの距離を日々見つめながら、こんなことを考えています

愛情の形を間違えないようにしないと、って

|
|

« お盆休み | トップページ | 秋色 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

そのおばあちゃんのワンコは今迄歯を当てた事が無いんでしょうね。
他のワンコも全て同じと思われるので、お気の毒です。

私もチャチャと暮らさなければ、ラムとももだけだったら
犬は人に甘え何をしても何でも言うことを聞くんだと思っていました。
ラムでもももでも全く歯を当てないわけでは無いですけど、
“それ、嫌だから止めて”って云うし、歯が当たっても止まるんですよね。
でもチャチャは、云わなかったし云えなかったから、即噛んで来てました。
私も触ろうとする人には“怖がりなので触らないで下さい。噛むかもしれません。”と言ってました。触らせない事に嫌味を言われた事もありますけど^_^;

>>噛ませない様に気をつけてる
レン君を守れるのはパパさんママさんだけですものね。

ワンコにだけ人の言い分を強要せず、人もワンコの言い分に耳を傾け
ワンコ側に歩み寄る事がお互い穏やかに暮らせるんじゃ無いかなって、力で押さえつけても無意味じゃ無いかなって思います。
チャチャが元気な頃にこの事に気付いていれば、もっとチャチャに楽な生活をさせてあげられたんじゃ無いかと後悔してます。
何も出来ないけど、これからもレン家を応援してます。

投稿: チャーチャ | 2015年8月18日 (火) 10時07分

チャーチャさん、こんばんわ。
コメント読ませていただきました。

レンも若い頃は、悪い(と勝手に思ってただけ)事をしたらマズルをつかむ、ひっくり返すといった事を繰り返して来ました。
でも、今思うとなんてことをしてたんだろうと、レンに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
確かに、その方法で上手くいく事もあるでしょう。
けど、レンは違ったんですね。
犬だって十匹十色なんですよね。
都市伝説を信じて、律儀に実践してました。
悪かったなって反省しています。

今更ですが、これからのレンとの暮らしを、お互いが出来るだけストレスを少なくできるように工夫していきたいと思います。

チャーチャさん、何もできないなんておっしゃらないでください。
是非ずっとこのまま頼りにさせてください。
レン家の頑張りとずっこけを見守っていてください。

投稿: レンママ | 2015年8月18日 (火) 20時20分

レンママ、ここにもその都市伝説に振り回された結果、10歳過ぎてもこじらせたまーんまのひな家がおりますよー!

やっちまったものはしょうがないですもん、だって事実ですから!
でもね、幸いなことに一緒に暮らすことをあきらめてないんですよ。あきらめてないってことは、可能性があるってことですもん。

レンママ、うちが後ろ向きになったら頼む!
レン家が後ろ向きになった時は、チャーチャ家と一緒に全力で応援するからgood

投稿: ひなママ | 2015年8月18日 (火) 21時02分

ひなママ、こんにちは。
もう絶対どこまでもこじれたまんまで突っ走るしかないんですけどね。
今はそれを楽しめるまでになっています。

>やっちまったものはしょうがないですもん、だって事実ですから!

ほんと、その通り。
時間を取り戻すことはできないんですもの。
一緒に暮らすことを諦める選択をしかけたことは何度もあるけど、結局今。
別の綱渡りを只今実践中ですが・・・
これは私がとことん頑張ります!

ひな家が後ろ向きになる事は・・・考えにくいけど、でももしそーなったら広島まではせ参じる勢いで応援させていただきますわ!
もち、うちがこけたら全力応援の程、よろしくお願いしますね。
チャーチャさんも!

投稿: レンママ | 2015年8月19日 (水) 16時24分

なんか呼ばれたような^^;

飼い主に噛み付くなんて、どこにも言えない時代(笑)にpocky家のHPに出会い、チャチャだけじゃないんだと安心し(笑)そこで出会ったKWOの皆さんと掲示板を通じ話を聞いてもらいコメントを頂き、どんなにか気持ちが救われたことか。

チャチャを手放す事は簡単でした。でも、多分いのちは繋がらなかったでしょう。噛もうが暴れようが何をしようが私はチャチャを守っていこうって。最期の命の火が消えるまで一緒にいようって^_^

レン家もひな家も一緒。応援してます。一緒に前に進んでいきましょう*\(^o^)/*

投稿: チャーチャ | 2015年8月20日 (木) 17時56分

マズルを掴んで・・・
私も徹底的にやってしまったデス。
家族の中でも「そうしなくちゃだめ!」みたく
はりきっちゃってね。
大袈裟じゃなくて
私の人生の中で 一番の後悔と反省です。

こんな飼い主なのに 一緒に居てくれる
なんて 楽 しかいないなって 思います。
動物は本当に色々なメッセージをくれるから
楽が我が家にこなかったら 自分のやってる事は
正しい!っていう 私の性格 さらに強くなってましたよ。
がうっだけじゃなくて 吠えやマーキング 今でも
工夫がた〜〜くさんいる楽との生活だけど
やっぱり かけがえのない毎日です!


投稿: ぴくわん | 2015年8月21日 (金) 14時06分

チャーチャさん、お呼びたてしてすみませんsweat01

今でもね
「飼い犬に噛まれるなんて、なめられてるんやわ!」
って言われます。
しつこい都市伝説・・・
権勢症候群、リーダーシップ、順位、どれももう結構。
だからどうだって言うんでしょう。

でも、これもpocky家のHPに出会えなかったらずっと信じていたかもしれません。
救われましたね。
レンがしっかり家族になり、私たちを支えてくれるようになって、この命をずっと守っていかないと、思えるようになったんですものね。

ずっとずっと繋がっていたいと願っています。
ブラン家も。

>レン家もひな家も一緒。応援してます。一緒に前に進んでいきましょう*\(^o^)/*

なんて心強い素敵な言葉。
よろしくお願いしますm(_ _)m

投稿: レンママ | 2015年8月21日 (金) 15時22分

ぴくわんさん、楽ちゃんちもそうでしたね。
振り回された派でしたね。

>私の人生の中で 一番の後悔と反省です。

私もです。
ワンダフルなワンコとの生活~のはずだったんですけど・・・
それ以上に得る事は多かったですけどね。
いろんな人やワンコさんとも繋がれたし、ひょっとしたらいい事の方が多かったかも。

毎日、工夫と気配りが欠かせませんが、それなりに楽しんでますので、ヨシとしますか!
かけがえのない生活を楽しみましょう(^^note

投稿: レンママ | 2015年8月21日 (金) 15時30分

レンママさん、こんにちは、
ブログが再開していた事を、つい最近知った我家です。
パパさんの退院、ケガをしないようにレンママさんが頑張っている事、
パパさん、頑張れ!
ママさん、ファイト!
レン君、イエーイ!*\(^o^)/*
ブログ再開からの総コメント=マトメでお許しください(汗)


かかりつけの病院でも、同じような事を目撃した事があります。待合室は騒然となりました。。。
病院となると、ワンコは情緒不安定になるから、
ワンコ同士の喧嘩だって遭遇したし、待合室が一番怖い空間です。


我家もガウガウで翻弄しました。
もし、あの頃が今だったら、、、
しつけで泣く事も、りゅうちんに辛い思いをさせる事もなかっただろうな、と思いますね。時間は取り戻すことは出来なくても、これからの時間は存在するのだから、レン家応援していますよ!

投稿: ryuga | 2015年8月24日 (月) 22時52分

ryugaさん、おはようございます。
パパの入院、手術、そして生活パターンの激変と、ドタバタのレン家でしたが、少しずつ生活リズムもできつつあります。
力強い応援、ありがとうございます。
レン家みんなで頑張って行きたいと思っています。

>待合室が一番怖い空間です。

意外とみんな気づきにくい事ですよね。
いろんなワンコが狭い空間にいて、何をされるのかわからない不安な中で、ちょっとした刺激でスイッチが入るコもいるんですからね。
飼い主が一番気をつけなければならない所の一つですね。

>もし、あの頃が今だったら、、、

思います!ホントに。
でも、戻れませんからね。
これからを工夫する、これに尽きます。
アドバイス、よろしくお願いしますね。

投稿: レンママ | 2015年8月25日 (火) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516861/61206385

この記事へのトラックバック一覧です: 犬は噛む:

« お盆休み | トップページ | 秋色 »