« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月14日 (土)

今日は歯

先週の注射と痛み止めの薬の効果か、レンのびっこと浮き脚はなくなりましたhappy01

それでも、2回目の注射に行ってきましたよrvcardash

レンに

「ブ~ン乗って行こうかnote

と声をかけると

Photo

私に助けを求めcoldsweats01

Photo_2

こんな所に避難しsweat02

車に乗り込む事は拒まないんですが・・・

小さな抵抗をするところがまたかわいいですconfident

今日は口輪なしで私がホールドして、触診を受けました。

ずっと我慢できたレン、エラかったねshine

こっちはバクバクだったけどhappy02

で、最近気になってるのが口の中

歯が歯茎に埋もれてしまってマスsweat01

Photo_3

こんもりと盛り上がった歯茎に、すっかり歯が埋もれてしまってますよね。

加齢と犬種のせいで、仕方のないことといわれたので、どうしようもないのですが、よそのワンコさんもこんなになってるのかなあ?

Cimg0571

本人は困ってる様子もなく、フードもガツガツ完食してるから、ま、いいんでしょconfident

また来週お注射ですよ~

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2015年11月 8日 (日)

次々と

レンの病院通いは月イチ続いています。

昨日がその日でした。

2週間程前から、左足を浮かせたりビッコをひいて歩くようになったレン。

散歩も喜んで行くし走りたがったりで、そんなに心配せず、段差やジャンプに気をつけていた程度で迎えた昨日。

ドクターが「レントゲン撮ってみましょうね」と。

待つこと小1時間

写真をみて

「股関節と言うより膝。しかも左だけじゃなくて、右も。」って。

幸い、今のところ触診で痛がることもないので、内科的治療(内服)と注射で様子を見ていくことになったけど、これがこの先症状が出てくると、関節境を入れての検査となるそうです。

Cimg0565
こんな感じで左足を床に付けなかったりします。

Cimg0562

dog「そんなに神経質にならないでね」的なレン

家では普通に、いえ、とっても甘えてくるんですが。

とりあえず痛み止めの注射で週1を4回、内服と併用で様子見ということになりました。

実はひと月前にもひどい下痢で2日間入院しています。

パパと

「いつまでレンと一緒に居られるんかなあ」

なんて話をしています。

後ろ足が立たなくなって、車いす装着なんてことになったら私たちは触れないし、そうなるとお互いのストレスが生じてくるし。

あ~~~~~どうしよう

Cimg0567

dog「ずっと一緒に居ますよ」

って思ってくれてるかなぁ

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »