« 1ヶ月 | トップページ | 出会い待ち »

2016年12月 4日 (日)

一区切り

レンの三十五日の法要に行ってきました

本当は明日で四十九日になるのだけど、霊園がまとめてみんなと一緒に三十五日として供養してくれる日が今日だったのです

だからレンにとっては四十九日の法要だったのかもしれません

Photo

お坊様の読経の中、一頭ずつ名前を呼んでくださって焼香しました

100人以上の人が、亡くした我がコを偲びました

遺骨を抱きしめている人、卒塔婆を撫でる人、涙を拭う人、墓石の前で手を合わせる人

みんな寂しいんだなぁ

みんな愛されてたんだなぁ

「レン、ちゃんと虹の橋 渡れたかぁ。みんなに会えたぁ?脚、痛くない?」

いつまでもいつまでもレンのことは薄れることがないけど、でも、ちゃんと安心して向こうに行けるようにいつまでもクヨクヨしてはいられないからねぇ

いつだってレンと一緒にいられるように、そんなことを思って

Cimg1104

購入しました

Photo_2

中にはレンの遺毛と乳歯が入っています

いつだってレンと一緒です

寂しくて淋しくて、何でいないのかって思うけど 

でも

心の中で一つの区切りがつけられたような、そんな気がします

レン 、ずっとずっと愛してるよ

|
|

« 1ヶ月 | トップページ | 出会い待ち »

ペット」カテゴリの記事

コメント

もう四十九日なんですね。。
レンくん、本当にいなくなっちゃったのですね。
なんで?って、思っちゃいますね。

少しずつ少しずつ、パパさんママさんの毎日の生活の違和感が和らいでいってくれるといいなぁと思います。
レンくんは、ずっとずっとパパさんママさんのそばにいてくれてる気がしているので。

投稿: チャタディース | 2016年12月 4日 (日) 19時45分

レン君の事になると未だに言葉が出て来なくて、ずっとコメントが残せませんでした。
レンママさんたちが、ちょっとずつかと思いますが、気持ちに小さな区切りがつけられているのなら、私も少しだけ穏やかな気持ちになれそうです。

投稿: pockymama | 2016年12月 4日 (日) 20時02分

チャタディースさん、こんばんは。
時間が経つのは早いですね。
もう四十九日です。
レン、いないんですよね、ここには。
温かいレン、柔らかいレン、かわいいレンはもういないんですよね。
ありがとうございます。
こうしてレンを偲んでくださって、あの子も喜んでいろ事と思います。
よろしければ、どうぞこうして時々思い出してやってくださいね。

投稿: レンママ | 2016年12月 4日 (日) 20時26分

pockymamaさん、いつもありがとうございます。
区切りをつけようとしているのかもしれません。
いつまでも引きずっていては、レンも安心して行けないのではないかと思って。
いまだにパパと交代でポロポロ涙をこぼしています。
悲しみから抜けきるには相当な時間がかかりそうです。
それでも、少しずつ前を向かなくてはとも思っています。
応援し、支えてくださる方たちのためにも、少しずつ…
元気になりますね。

投稿: レンママ | 2016年12月 4日 (日) 20時40分

レン君のこと思うといまだ涙が出てきます。たくさんの人が法要に訪れているのですね。
パパさんママさんのそれぞれのペンダントの中にレン君の遺毛と乳歯、思いが伝わってきます。愛しい気持ちが、強ければ強いほど悲しみも深いです。レン君、そんなお二人をお空から見ていて「パパさんママさん、いっぱい愛してくれてありがとう!」と、お二人を見守っていますよ、いっぱい泣いて少しずつ元気に、

投稿: レオママ | 2016年12月 5日 (月) 14時56分

レオママさん、ありがとうございます。
レンの事を我が事のように悲しんでくださって。
お会いしたこともないのに、こんなに・・・
お留守番が多かったレンと、今はずっと一緒です。
ペンダントとキーホルダーにレンはいます。
ちょっとずつですけどほのかな楽しみも見つけながら、ゆっくり元気になりますね。

投稿: レンママ | 2016年12月 5日 (月) 17時46分

ずっと レン君のblogを読ませて頂き
色々な想いがあります。上手くコメントにならず 自分の言葉の未熟さが もどかしいですが 本当にワンちゃんが私達に与えてくれる事が素晴らしく大きい。全ての動物に通じ気がします。亡くなった子 元気な子 に対して 自分なりにですが
気持ちも体も健やかな生活をおくりたいです。

投稿: ぴくわん | 2016年12月 6日 (火) 09時10分

ブランのお葬式をしたお寺で百か日までは泣いていいと・・・
だからまだまだ大丈夫ですよ。
無理するものでもなく、気合いで立ち直るものでもないのですから。
レンくん、無事にお空に行けたかなぁ〜
ブランにはお迎えを頼んだのですが・・・
なんせ気ままな女優なので(汗)

私もブランを小さなカプセルに入れて、毎日一緒にいます。
姿が見えないから、カプセルに向かって話しかけてます。

投稿: ブラン母 | 2016年12月 6日 (火) 12時41分

ぴくわんさん、こんばんわ。
いつもありがとうございます。
レンがいなくなって、当たり前にここにいることの奇跡のようなものを感じています。
動物が私たちにくれるものって、すごいですよね。
だからこそ、丁寧に大切に生きていかないととおもいます。

投稿: レンママ | 2016年12月 6日 (火) 17時23分

ブラン母さん、こんばんわ。
レンを亡くして、こんなにもたくさんの人に支えてもらってるんだと、改めて感じています。
百カ日までは泣いてもいいんですか?
少しずつ流す涙の数も少なくなりつつありますが、まだまだふとした事でふにゃふにゃになります。
ひなママが教えてくれた詩にも、感銘を受けました。
「もう少し泣いてもいい」と「いつまでも悲しんでたらずっと心配させるから」を少しずつ入れ替えて、元気を取り戻したいと思います。
ブランさんもレンの相手してくれてるだろうし。
ペンダントは今、お守りのようです。
私も話しかけていますよ。

投稿: レンママ | 2016年12月 6日 (火) 17時35分

もう四十九日過ぎたのですね。 時が過ぎるのは早いです。
チャチャが旅立って2年半経ち、写真を見ても涙ではなく話しかけられる様にはなりましたが、フッと涙が溢れてチャチャを探す時があります。泣いちゃいけないと思った時期もありましたけど、今は泣きます^ ^
我慢しません。私が泣いてたらチャチャが顔を舐めに来てくれる様な気がして^_^;

ペンダント、私も遺毛遺骨を入れていつも一緒にいます。

投稿: チャーチャ | 2016年12月 8日 (木) 15時31分

チャーチャさん、こんばんわ。
もう四十九日が過ぎました。
早かったのかな・・・
いつまでもレンレンの我が家です。
安心してあちらに行けるように、そう思ってはいるのですよ。
ペンダントを身につけて、少し気持ちが変わりました。
いつもここ(胸元)にいると思って。
自分の気持ちに素直に、涙は我慢しません。
いいですよね。

投稿: レンママ | 2016年12月 8日 (木) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516861/68705913

この記事へのトラックバック一覧です: 一区切り:

« 1ヶ月 | トップページ | 出会い待ち »