« 保護犬のこと① | トップページ | 隅っこ族 »

2017年7月28日 (金)

保護犬のこと②

レイアとロイヒを迎える前、実はコーギーの里親に名乗りを挙げていた

保護犬カフェを運営する団体に保護されていたコーギーで、8歳の女の子だった

繁殖犬として何匹もの仔犬を産まされてきた引退犬

おとなしい性格、まったりとした動きに気持ちはずいぶん傾いた

トレーナーさんにもお願いして、面談してもらった

「う~~~~ん」

という反応

なぜ?かな?

「大体の場合、去勢避妊の手術をしてから里子に出すんですけどね。」と。

確かに、何で未去勢で里子に出すのかをスタッフに問うた時、きちんとした回答がなかったよな

それともうひとつ、そこはカフェに出向くだけで連れて帰ることができたこと

厳しい里親基準を設けているところももちろんあったし、いくつかのアンケートに答えるだけでいいところもあった

もう少し勉強してからにしよう、と思って、コーギーの里親は諦めた

それともう一つ

「コーギーはやめとき。レン君が薄れてしまうやん」

っていうワン友の一言

確かにそうだな~

この一言で、犬種からコーギーを外した

レイアとロイヒに目が留まったのはクリスマス直前

「できれば二匹一緒に引き取ってほしい。飼育環境を見せてほしい。譲渡の際は家族全員で迎えてほしい。定期的に報告の義務。」等など結構厳しいいくつかの条件があったが、それくらいしっかりと先のことまで考えて譲渡しているなら

早速連絡を取ると、トントンと話が進み、クリスマスを一緒に過ごすことになった

誓約書にサイン、保管保健所への報告書提出、去勢避妊の手術代、マイクロチップ装着代、ワクチン接種代を交わしレイアとロイヒはうちのコ(仮)になった

ゆっくりと時間をかけて二週間過ぎた頃、保護主さんから

「正式にレン家のコになりましたね」

と連絡をいただいた

Cimg1118

帰って行く保護主さんを追うレイアとロイヒ

Cimg1127

Cimg1126

常に寄りそうことで 不安を乗り越えていったんだと思う

「大丈夫、もうずっとここにいていいよ」

いろいろな保護団体があるけど、自分たちの条件に一番近いところを選んで縁のあるコと巡り合えてよかった

|
|

« 保護犬のこと① | トップページ | 隅っこ族 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

読んでいてカロンを迎える時を思い出していました。
迎えるにあたって出される様々な条件に驚いていました。
審査に通るかヒヤヒヤしながらの正式譲渡でした。
でも、トライアルのその日から、うちの子って思ってましたけどね(笑)
レン家のふたりもすっかり家族の一員ですね。
シンクロで寝ている姿は、安心しきっていますね。
そういう姿に癒されます。

投稿: ブラン母 | 2017年7月28日 (金) 21時21分

ブラン母さん、おはようございます。
こればっかりは縁ですからねえ。
保護主さんがレイロイを初めて連れて来られた日、条件が合わなかったらそのままつれて帰るということでした。
いろいろ・・いろいろ話をしながら、私たちのワンコに対する思い、保護犬に対する理解などを『審査』されていたのだろうと思います。
そりゃそうでしょうね、一度人間に突き放されたか、やむを得ない事情で飼い主が代わるんですから、慎重に選ばないと。
縁あって、今うちのコになったレイロイ。
カロンさんのように家族の一員として大切に育てていきますね。
応援よろしくお願い致します!

投稿: レンママ | 2017年7月29日 (土) 09時57分

保護犬をサポートする団体もいろいろあるんですね、捨てられるワンコの増加が問題になっているのは、ニュースなどで知ってはいたのですが・・・、
お互いの出会いと、信頼感が大事なんでしょうね、
帰っていく保護主さんを追うレイちゃんロイ君の後ろ姿、なんか心打たれるものがあります。
今は、レン家の家族となり幸せなレイちゃんロイ君のお顔に癒されています。レンママさん、パパさん応援しています!

投稿: レオママ | 2017年7月30日 (日) 08時45分

「コーギーはやめとき。レン君が薄れてしまうやん」

この一言。。。 泣けました。

今はももの介護で手一杯ですが、もし生活面の条件が許されるならばもう一度仔犬からスプリンガーを育ててみたいと思っていたのですが、↑の言葉、胸にズーンときました。
後どれ位ももが頑張るかわからないけれど、最低でも15年、ももの後又犬と暮らすと云う事は自分の年齢を考えると無理っぽいですけどね^^;

投稿: チャーチャ | 2017年7月30日 (日) 14時59分

レオママ、おはようございます。
レンが9年間で私たちにくれたもの、そのことに対してなにかしたい!と思ったのが行動に結びついたのです。
保護主さんからうちに来た時、不安のかたまりだったと思います。
あの後姿が
「絶対幸せにしなくちゃ」
につながりました。
ゆっくりですけど頑張りますね。
応援よろしくお願いします。

投稿: レンママ | 2017年7月31日 (月) 08時23分

チャーチャさん、私もあの言葉にはグサーッとやられました。
レンが薄れる?あかん・・いやや・・・って。
それでコーギーはやめようと思ったんですよね。
現在、保護主さんのところに10歳のコーギーちゃんが里親を待っているんですけど、正直心揺れています。
でも、現実無理なんですけどね。
チャーチャさん、里子に出ようとしているコは仔犬や若いコばかりではありません。
残りの時間をゆっくり家族として過ごさせてあげたいと里親を探している保護主さんもいます。
将来、保護犬について考えることがありましたら、思い出してみてくださいね。

投稿: レンママ | 2017年7月31日 (月) 08時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516861/71263223

この記事へのトラックバック一覧です: 保護犬のこと②:

« 保護犬のこと① | トップページ | 隅っこ族 »