« 2019年2月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年3月

2019年3月16日 (土)

ありがとう

カミカミワンコのコーギー、レンを抱えて途方に暮れている時、ネットをあちこち渡り歩いてやっと巡り会えたボーダーコリーのpockyさん。

彼もまたカミカミワンコで、それでもpapaさんとmamaさんはpockyさんに寄り添って彼を精一杯愛していらっしゃいました。

そんなpocky家のホームーページを全て読ませてもらって、どれほどの勇気をもらったことか。

私たちだけじゃないいんだ。こんなに頑張ってる人もいる。こんなに噛まれてもワンコを諦めていないし、むしろ愛しんでらっしゃる。

できる。私たちもできる。

そんな気持ちにさせてもらいました。

あれからレンが亡くなるまでの約8年、pocky家はレン家の力となり、支えてくださいました。

そのpockyさんが17歳の誕生日の今日、旅立ちました。

きっと、papaさんとmamaさんに「誕生日おめでとう」と言ってもらうために・・・今日までがんばったんだね。

pockyさんらしいです。

ありがとうね、pockyさん。

あなたのお陰で、レンはずっと私たちと暮らすことができました。

あなたを大切に思うあなたのpapaさんとmamaさんのお陰でレンに寄り添うことができました。

とても悲しいけど、最後までpapaさんとmamaさんに甘えたあなたは、絶対幸せだったはず。

虹の橋を渡った所には、たくさんのKWOの仲間が待っていますよ。

どうかまた、リーダーとしてみんなを引っ張ってください。

pockyさん、本当にありがとう。

そして、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

12歳

どこかの学校でした

何人かの生徒になでられたり遊んでもらったりしているようでした

「どこのワンコかなあ。あ!コーギー!かわいいなぁ」

と思って見ていると

見失ってしまいました

しばらく歩いていると、廊下の向こうの方にまたあのコーギーを見つけました

「え?あのコーギー、もしかしたら・・・」

しばらく離れた所からみていると、やっぱり生徒になでられています

『なんか嫌がってるみたい。ちょっとかわいそうかな』

でも見れば見るほど似てる。

あれは・・・絶対!

レン

大きな声で呼びました

次の瞬間、コーギーはこっちを見て一目散に走り出し

そして私の腕の中に飛び込んで来ました

「レン会いたかったよ~~レン~~~」

レンは私の腕の中でうつらうつら眠り始めました

『抱っこできる。腕の中で寝てる』

そう思って幸せな気持ちでいると

ゴホンゴホン

目が覚めました

「あ~~、夢やったんや。」

3月7日はレンの12歳の誕生日

今だにレンの年をカウントしている私です

2013_015_2


Img_2802_2


Cimg0239


125_2557_2

これからも毎年3月にはレンのことをいっぱい思い出してあげようと思います

時々夢で逢えたらたらいいな

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年6月 »